FC2ブログ

健康について

健康
06 /14 2018
自分の健康に不安があると、新聞広告の健康情報本なんか、食い入るように見つめてしまいます。

また、中年になり、食べる量を気にかけているつもりが、
体重は減るどころか、すぐに増加するという、
今までになかった自分の体の変化にしょんぼりとすることもあります。

体重を落としたかったら食べなければいいだけの話なんですが。

ライザップの本とか、藤田紘一郎さんとか、クロワッサンの健康特集とか、いろいろ読んでみて、試してみてはすぐに飽き、長続きしない。

体調が良くて、体重も増えずに、ごきげんでいるにはどうしたらよいのか?

首や肩がだるくて突っ張られるような感じからの頭痛、もしくは体が冷えていてさぶくてたまらん、と感じることが多い私は常に情報を求めてさまよってきました。

たとえば、朝ごはんを食べないと頭が働かない、かたや別の本では、朝ごはんはたべなくてもよい、人間の歴史の中で、人間はつねに空腹・飢餓の状態であったのに、ここ50年ぐらいで食べ物が容易に手に入るようになった、常時満腹状態であること自体が人間の体としては不自然だ、(←これだけが朝ごはんを食べなくてもよい理由ではなかったんですが)とか、書いてあるわけです。

ある程度冊数が重なってくると、いったい何が正しいのだ??
なして、人によってこんな言うことが違うの??となるわけです。

で、はたと気づいた。気づくの遅い。
自分の体はどういうときが調子いいのだ??

あれこれ情報はあるけれど、自分がしんどかったら意味がない。
朝ごはんを食べた方がいいに決まっていると思っていたけれど、
主人は食べる方がしんどいようだし。

で。
私は、軽い空腹感を保つことと、しっかり睡眠をとること。
これが一番大事だなとようやく気づきました。
しっかり眠れて、腹7,8分ぐらいがちょうどいい。

本当は軽い運動もした方がいいはず。
今は2週間に1回、2時間のママさんバレーのみ。
最後の方は足がつる、という悲劇に見舞われるようになりました。

肉食が続くとおなかが重い感じがするし、
白米に玄米と麦を混ぜて炊いていますが、
いまのとこ、これといった体の変化はないなとか。

老いていく自分の体をもっとよく見ていこう。
そうすれば、健康情報に惑わされることもあるまい。

と昨日本を読みながら思ったのでした。

スポンサーサイト

お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。