本屋はいい

読書
02 /13 2018
昨日、本屋に行きました。
目当ての本があったので、一目散にそこにいき、さっさと帰るつもりでしたが。

レジの近くで、いつも買っている方の本の新しいのが平積みしてありました。
迷うことなく購入。

で。おもしろかった。目当ての本よりそっちを先に読み切ってしまいました。

本屋さんのいいところは、そういうところではないかなあと、いつも行くたびに思います。
買うつもりがなくても、目についたものを立ち読みして買ってみる。
なによりすきなページを立ち読みができる。
新聞の書評を読んで、おもしろそうだなと思い、本屋に行って立ち読みしたら、
意外とおもろないわー、なんてこともあり。

ただ。そこの本屋さん。なぜかビニールカバーがしてあり、立ち読みできなかったんですが、
いつも買っている方の著書だったので、迷わず買いましたがあれはいただけないなー。

いたんでしまうから、という理由もあるのでしょうが、やはり中身を見ずに買うのはなんだかなー。

ネットだと、検索した本について、関連する本の羅列はありますが、今回みたいにまったくジャンルの違う本が目につく、というのはあまりない。

キンドルとかもありますが、スマートホンしか持っていない私はどうもそれで本を読むことができない。
ipadとか、大きくなると読みやすいのでしょうか?本がたまるということもないし、
買いに行かなくてもネット環境さえあれば読みたいときにダウンロードして読むこともできます。
デジタルでもいいや、と思うものと、やはりじっくり手にとって読みたいなあと思う本と、うまく使い分けたらいいんでしょうが。

ネットも便利ですが、私はこれからも本屋に行って、偶然の出会いも楽しみたいと思います。
出費がかさみますが・・・(涙)


スポンサーサイト

お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。