それ、いる?

たわごと
09 /29 2017
秋晴れです!秋の花粉かなんなのかわかりませんが、鼻炎まっさかりでございます!

でも。とある整体院のブログをみていたら、「エアーなわとび」で鼻炎が解消した、とありました。
「足趾の鼻(前頭洞)の反射区に良い刺激を受けているから」ではないか、と書いておられましたが…
そくし、と読むらしく、足の指、だそうです。

それで治るならええのう・・・
ためしにその場で20回ほど飛んでみたら、右ひざがずっと、ボキボキとなり続けておりました。

話はかわりまして。
会社のとなりは西友ですが、買い物は別のスーパーによくいくわたくし。
西友はよくレジが混む。
いつも決まった値段の販売で、もひとつ楽しみがない。(安いのでしょうけれど…)

近所の、小さめのスーパーによくいきます。
食パンとかは高いのですが、野菜やお肉はよいものがありますです。

お客さんは高齢の方が圧倒的に多い。
スーパー内の一角に洋品店とお茶屋さんがあり、洋品店のなかで丸椅子をおいて、お茶屋さんで買った紙コップ入りコーヒーをすするおばあちゃま方をよくみかけます。お店の人としゃべってはる。

近年にはめずらしいアットホームなスーパー。(と私が勝手に思っている)
そういう雰囲気も好きです。
レジもほぼ混まない。
でも繁盛してないかと言われたらそうでもない。

以前、レタスが天候不良により高騰したとき、
「高くてごめんなさい…!レタス750円」
というPOPが掲示してあった。そういうスーパーです。

なのに。
今日いったらば。
「セルフレジ」なるものが導入されていました。
お会計だけ、セルフです。
自動販売機のように、お札はここ、小銭はこっちにいれて、清算ボタンをおすと、おつりがじゃらじゃら~。

・・・・。
いる?それ?
レジ、混んだのみたことない。

私の前で清算していたマダム。
当然まごつく。
「え?これどこにおさついれんの?」
「え?なに?ボタンおすの?」
「もーややこしいなあ、わけわからんわあ…(苦笑)」

…でしょうね…。

アットホームがよかったんです。
お金渡して、おつりもらって。
「はいどーも」とか「ありがとう」とか。
それだけでよかったんですよ。

なのにまさかのセルフレジ。
せっかく、前の人が自動精算している間次の人のレジ打ちがはじまるはずなのに、まごつくマダムの対応の為、私のレジ打ちはとまったままでございました。

しばらくは上記のような会話が幾度となく繰り返されるでしょう。
慣れるまではたいへんなのです。お客さんも店員さんも。
お釣りの渡し間違いというのはなくなるんでしょうが、それよりも大切ななにかを失った。ような気がする。

さみしい…。
スポンサーサイト

お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。