FC2ブログ

自分が役に立つ人間だとは思えない…

たわごと
12 /08 2016
ご近所の方から、玄関や室内に手すりをつけたい、とのご依頼を賜りました。

ご高齢ですが、要介護の認定は受けておられません。

もしかしたら、行政から補助金などがあるかもしれないから、調べてみよと指令を受けた私、京都市役所に電話してきいてみたところ、ありました。その名も
「介護予防安心すまい事業」

ただ、申請して2週間ぐらいかかることなどもあり、お客様にそれを説明したところ、年内には工事してもらいたいし、今回は結構ですとのこと。

工事費の2/3、上限16万円、工事内容、申請者については条件があるのですが、要は、65歳以上で京都市に在住・住民票があり、要介護の認定を受けておらず、市民税を納入していない人は、要介護にならないための工事のためなら補助金を出します、ということらしいです。


で。それを受けるにあたり、事前に基本チェックリストにこたえてないといけないそうで。
毎年、対象者の方には郵送で送られているそうです。

バスや電車で一人で外出していますか、などなどの質問事項にはい、いいえで答えていく。

ここ2週間毎日の生活に充実感がない
ここ2週間これまで楽しんでやれていたことが楽しめなくなった
ここ2週間以前は楽にできていたことが今ではおっくうに感じられる
ここ2週間自分が役に立つ人間だと思えない
ここ2週間わけもなく疲れたような感じがする

はい、いいえ。

自分が役に立つ人間だと思えない・・・

わけもなく疲れたような感じがする・・・

楽しんでやれていたことが楽しめなくなった・・・

胸につきささる質問だわ~・・・
ここ2週間の間の自分の胸の内を問うてみよ。

これ、はいにすると要介護の予備軍だとなるのでしょうか?
高齢者でなくても、はい、と答える人いるだろうな・・・。

はい、と答えたら、はげましてくれるのだろうか…

今回はこの制度、使わないことになりましたが、担当エリアの方に電話したところ、この申請はいまだ一度も受けたことがないらしいです。市民新聞などで啓蒙しているようですが、そこまでチェックできてない方がほとんどでは。

せっかくの制度なのに、もったいない。

というわけで、ここでささやかな宣伝でございます。
既知の方、ご容赦くださいませ。

スポンサーサイト

お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。