いってみた

京都
09 /30 2016
わたくし、無印良品のインテリアなどが好きです。
好きな方、多いと思いますが…

京都ではBALに続く大型店になるのでしょうか?イオンモール京都の無印良品が9月16日にリニューアルしたので、行ってみました。

広くなったわけではないので、家具などのスペースも大きな変化はなかったのですが。

本を販売していること、1杯100円のコーヒーをレジカウンター横で購入でき、店舗内あちこちに置かれた無印の家具(テーブルとイス)に座りながら、購入していない本を読める、というのが以前より大きく変わったところ、でしょうか。

本は普通の本屋さんでなく、セレクトショップのような感じ。デザインや住宅に関する本が多いかな?
本の冊数自体は多くはないです、ハイ。

そこにあった、「ジョージア・オキーフとふたつの家 ゴーストランチとアビキュー」
という本がすごく素敵でしたが、なにせ1冊5400円。
思いとどまりました。

無印良品に関する本もかためておいてありました。
これをみて、商品買って帰ろう!!という気持ちにもなるかも。

平日だったので、お客さんはまばらで、ゆっくり読むことができました。
ただ、セレクトした椅子がパイプ椅子だったゆえ、もうひとつすわり心地が良くなかった…

そして、コーヒーは浅煎り、深煎りと選べましたが、私の評価としては、セブンイレブンのコーヒーに軍配が上がりました。
100円珈琲対決。(浅煎りを飲みました)あくまでも好みですけれど…

店内写真を撮りたいなあと思いましたが、コーヒーを飲んでいたテーブルに写真不可のマークがあったので、撮ったらだめなのかな?と思い、やめておきました。

次は同じ日にリニューアルしたアクタス京都店にもいってみたい!と思っております。



スポンサーサイト

お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。