川遊び第2弾

子育て
07 /29 2016
夏休みに入って最初の水曜、久々の家族全員お休みの日、恒例の川遊びに行って参りました。親の勝手で川にしかいっておりませんが、こどもにしてみたら、流れるプールやスライダーなんかがあるところにいってみたいのではないか??と思わないでもないのですが…
人ごみのなさを思うと川にかなうものはございません。入川料?ただですし。

このたびはこころくじけることなく、美山町まで行って参りました!
1時間少々のドライブです。

午前11時ごろ到着、先着グループ1組。子供さんが3人ほど泳いでいるだけで、大人の方はBBQ。

ドンキホーテで買った、簡易テントをひろげ、場所を確保したら川遊び開始です。確保というても周りには誰もいませんでしたが。
DSC_0418.jpg

あいもかわらず、本当にきれいな水です。
そして、ひたすら冷たい…冷たい…
さぶい…
DSC_0409.jpg
というわけで、その辺に落ちていた木を集めてたき火。
昨晩雨が降って、たっぷり水分を含んだ木が猛烈な勢いでもくもくと白い煙をあげておりました。そんなん、燃えるわけない。
でも、次女はたき火がたのしかったようで、結構ささくれだっていた枯草をせっせとあつめ、ほそい木をせっせとあつめておりました。サバイバル能力結構高いとみた。

DSC_0422.jpg
で、その枯草と普通の草が生えているところにいるわいるわ、かえるさん。
ぴょんぴょんとんでいるのを父がつかまえるのをみるやいなや、サバイバル能力高めの次女、バシバシと素手でかえるをつかまえていきます。

とにかくビビリの長女はおびえておりましたが、なんとか3匹つかまえることができました。

もって帰りたいととんでもないことを言い出す次女でしたが、かわいそうなのでもちろんリリース。

かえるは生きたエサしか食べない、と友人に聞いた私。本当に持って帰らなくてよかった。
友人の子どもが連れて帰った誇り高きかえるは、死んだエサにはまったく目もくれず、とうとう飢え死にしてしまったそうな。
となりに餌がころがっているのに、それを食べずに死ぬって・・・・

家に帰る途中、何個か「遊泳場」の看板をみかけました。
「よし!!来週はここで泳ごう!!」
と張り切る主人。来週も川遊びのようです。
スポンサーサイト

お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。