がまんだがまん!!!

たわごと
12 /07 2015
先日もこちらで書きましたが、健康診断に行きました。

そこで判明したこと、慢性胃炎と体重増加…
「ちょっと体重がふえはりましたね~」
と言われる始末…がーーーーーーーん。

確かに体重増えてきたよな…と思っておりました。
このままではいけない!!

図書館に行ったついでに、ダイエットに関する本を数冊借りてみました。

そして…「これだ!!!」と思った内容に出会いました。

その名も
「胃袋ダイエット」

詳しくは省きますが…

要は
「たべすぎ」

食べる順番を変えようが、運動をしようが、なにしようがどうしようが、
適正量より食べるから太るのです。

太るという感覚は人それぞれ違うと思います。
人から見れば十分スリムでも、本人は太っていると思っていたり・・・

わたしもけっして細くはありませんが、「太ってるね~」とは言われることはいまのところありません。

でも、妊娠する前よりも確実に大きくなっている。
これが中年太りなんですなあ…

借りてきた本に載っていた人が、これまた私とほぼ同じぐらいの体重と身長。
で見事に5キロ減。ガリガリでなく、スリムできれいになっていた。
これをみて私のやる気スイッチオン!!

いままでにいろいろなダイエットがはやりました。
今は炭水化物抜きダイエットでしょうか??

これは無理です…絶対無理です…やってみたけど、くらくらするし、イライラするし…

この胃袋ダイエットは、食べすぎで伸びきった胃袋を、6か月間かけて減食トレーニングし、胃袋を適正な大きさに戻す、というものです。

要は「食べ過ぎてるんです!!量を減らせば痩せるんです!!楽に痩せる方法なんてない!!はじめは我慢です!!」

と言い切っているところがとても気に入りました。
カロリー計算しようが、サラダから食べようが、食べ過ぎてたらそんなこと意味がない。
好きなものを食べなさい、その代り、減らしたい体重の割合と同じだけ、量を減らしなさい。
ということ。
まあほかにもいろいろ指導がありますが…

でもね…
家族のご飯を作るおかんとしては、やはりつらい…

いやいや、我慢だ、我慢だ。胃袋が適正なおおきさになってくれれば、いいのだ。
今のうちから手を打っておかないと、意志の弱い私はきっとどんどん太っていくに違いない。
健康に害を及ぼすかもしれない。今ならまだ間に合うはず。

上のようなことを、主人にもこんこんと話し、一緒に量を減らしてくださいとお願いしました。
主人も毎年少しずつ体重が増加しておりますので、快諾してくれました。
一人はつらい。
ただ、家族が寝静まった後、ひとりリビングでテレビを見ている主人が、がさごそとキッチンをあさり、お菓子を食べていることを私は知っている。先日は、たくさん残っていたカントリーマアムがすべてなくなっていた。

さて半年後。どうなっていることやら。

スポンサーサイト

お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。