ばかをやる

たわごと
07 /24 2017
先日ぷらっと寄った本屋さんで、新潮文庫の100冊なるコーナーがありまして、たくさんの本が平積みされておりました。文庫だからお手軽だし、軽い。
その中で気になった一冊。
「人間の建設」 小林秀雄・岡潔著
を購入いたしました。
「赤毛のアン」とか古典?の小説もいいなあと思いましたが、それはお盆休みにとっておこう。

本の紹介は
世界的天才数学者とあの小林秀雄による史上最強の雑談。酒の味から、アインシュタインまで。

有り体にいえば雑談である。しかし並の雑談ではない。文系的頭脳の歴史的天才と理系的頭脳の歴史的天才による雑談である。学問、芸術、酒、現代数学、アインシュタイン、俳句、素読、本居宣長、ドストエフスキー、ゴッホ、非ユークリッド幾何学、三角関数、プラトン、理性……主題は激しく転回する。そして、その全ての言葉は示唆と普遍性に富む。日本史上最も知的な雑談といえるだろう。

とありました。
え?なんですって?となりそうですが…
対談集なので、わからないところは多々あれどなんとか読み切った。
「わからん」と思うやすぐに読むのをやめる根気なしの私が読み切った。
たしかに???と思うところはたくさんでした。会話の下地となる共通の知識というのか、そういうものが広く、深く・・・

ドストエフスキーとトルストイをちゃんと読んでみよう、と思わされました。

ただ、すごく情熱を感じましたねー。熱い対談。それが伝わってきて、内容がわからないところがありながらも、読めました。
↑書評ならひどい。

本の中で岡氏は
数学は全く情緒的なものであり、人間の奥にひそむ情緒を健全に育てなければ、数学の問題は解けない
というようなことを述べておられます。

数学が情緒????というのが不思議で不思議で。
数学って感情とかそういったものが入り込む余地がなさそうなのに・・・

義務教育などについても言及されており、私はいちいちもっともだ、と思いました。

こないだ読んだ、ジェイン・オースティンの
「高慢と偏見」
は少女漫画のようで面白かったし。

本っていいなー。と思いながら眠りつきました。

そして朝。

東京に住む友人からLINEがはいっていた。
黒いTシャツを着た本人がうつる写真が5枚。
髪を後ろにたばね、ショート風にみせている。

今話題の松居一代氏の、動画の中の印象的な表情を全力でものまねしていた。

本読む時間も大切、そうやってばかやるのも、大切。


スポンサーサイト

冷え過ぎ注意

たわごと
07 /14 2017
昨日は肩のリハビリでした。
だんだん、肩があげられるようになってきました。
が。クーラーのせいでよー痛みます。冷えはあきませんね。

で。そのリハビリで、最初にホットパックと言って10分間、患部をあたためます。
それから医学療法士の方にあれこれマッサージしてもらうんですが。

天井エアコンの冷風が直撃するベッドで治療をうけたもので、しかも30分ちかくあって、体がキンキンに冷えました。
ホットパックの意味ないと思う。
看護婦さんや療法士さんは動いているから暑いのかもしれませんが、マグロのように横たわっている私なぞ、
動かないからただただ寒い。
で、外に出ると暑い。事務所に戻ると寒い。帰宅の自転車、暑い。
この繰り返しのせいか、夕方からものすごく体調が悪くなり、晩御飯を作り終わるなり、数時間寝込んでしまいました。

体が冷えて冷えて、レッグウォーマー、腹巻、首にタオルをまき、白湯を飲んで布団をかぶること数時間。
リビングのソファで横になったものだから、風呂上がりの主人に、
「2階で寝たら?」と言われ。

寝られるもんなら寝たいけど、洗濯もあるし、片づけもあるし、かといって
「おれがやっとくからねてきたらいいやん」とはいわない言い方にムカッときまして、
「寝たくてもやることがあるからねられないんですっ」
洗濯物は長女とたたんでくれました。

怒りに火が付き、そこから動いて、片づけて寝ました。
怒りは人を行動的にさせる。
まあ、みんながくつろぐところで、冷凍マグロのように寝てしまった私も悪い。

いやあ、しかし冷えって恐ろしいもんです。
皆様もお気を付け下さいませ。

ええのう・・・

たわごと
07 /11 2017
今日も暑い!ですね~。朝、玄関ドアを開けた瞬間から暑い!
福岡など九州の方はまだ雨の予報…
これ以上、ひどくふらないでほしいと祈るばかりです。

7月10日は友人の誕生日。
毎年かかさず、はがきを送ったり、メールを送ったりしています。
で、昨日はLINEにて連絡。
どんな誕生日をお過ごしですか~?などなど。
すると。
いつもと変わらず出勤した、普段通りです、と。
普段通りがありがたい。と。
いいながらも。

1499743627592.jpg


なんだべな~、こんな素敵なお花を旦那さまからプレゼントしてもらったとのこと。
いいなあ、きれいだなあ、豪華だなあ、かわいいなあ。
お花をプレゼントしてくれる男性ってすてきだなあ。
よっ、しあわせもの!

お花をもらうって、思っている以上にうれしいものです。
若いころは、切り花は特に、すぐにかれちゃうし、もったいないなあと思っていましたが、
歳とるにつれ、花屋さんで足をとめずにはいられません。なぜだろう。

でも、今はあまりに暑く、家にかざってもすぐにだめになるだろうな(←管理が下手)、と思い、お店でみるだけにしております。

わたくし。
主人には誕生日にも、父の日(←こどもたちと一緒に。今年は日にちを間違えて、1週間前にプレゼントしました、義父にも実父にも)にもささやかですが、プレゼントしております。

ですが。わたくし、こどもたちからも、主人からもなにもございませなんだ。

かまへん、かまへん、そんなもんです。
見返りがほしくてやってるわけでなし、自分に関する記念日なぞ、すぐ忘却する私です。というか記念することそんなにない。

子どもたちがケーキを食べたいから、自分の誕生日に自分でケーキを予約する。
ははは。そんなもん、そんなもん。ろうそく何本いる??
こどもたちがいなかったら、きっと誕生日もスルー。

でもやっぱり花っていいなあ、やっぱり家にかざろうかな。

そして一度、「ターシャの庭」がある、岐阜の花フェスタ記念公園にいってみたいもんです。

素直でない

たわごと
07 /07 2017
暑い毎日が続きますね!祇園祭ももうすぐです。祭りに行っても人の頭を見て帰るだけ、という感じがいたしますが…。今年も主人が「行こう!!」などと言い出したらどうしよう…と思っております。

本日は授業参観日でした。
自由参観なのでいついってもよいのです。

ちらっとのぞいて戻ってきました。
小4と小2の娘ですが、もちろんですが性格がちがっておりまして。
私を発見すると、とっても嬉しそうに手を振る長女。発表もどんどんします。(←ただし、苦手な科目では沈黙を守る)

次女は私を発見すると「おぉッ?!」と驚き、一瞬ニヤっとするものの、その後は見て見ぬふり。チラ見の連続。
発表など決してしません。見られている、と分かると途端に挙動不審。
見ていてほしいけど、自分の気づかないところで見て、とよくお願いされます。
保育園の発表会で私と目があったとたん石になる→大泣きしただけはある。

主人にも声をかけましたが、
「そんなん、みたってしゃあない」「俺はいかへん」
ハイ、でたでた。いうだけ無駄です。

朝出かける時、
「お父さん、今日参観きてねー」
と長女が声をかけたにもかかわらず。男は黙って仕事です。

参観し終え、学校から帰る途中、向こうから歩いてくる男性。
主人でした。結局、見に行くらしい。素直でない。

見た結果。
「ゆとり教育やな」
「授業中に子ども同士があんなしゃべってていいのか?」
と教室の雰囲気にご立腹。

先生も気苦労がたえないことでしょう…


お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。