ヒゲペンギン

たわごと
02 /20 2017
昨日、テレビでプラネットアースⅡとかいう番組が放送されていました。

コモドドラゴンやら、でてきておりました。

で。「サヴォドフスキー島を埋め尽くすのは150万羽のヒゲペンギン。島の周りは世界でも最も荒れる海域。シャチなどの天敵が近寄れないため大繁栄した。」というヒゲペンギンの映像をみました。

島一面にそりゃもうたっくさんのペンギンです。
餌をとりに行って帰ってきたものの、どこに自分の家族がいるのか、わかるのだろうか・・・?
という不安が頭をよぎります。
ペンギンのつがいはお互いの声でその存在を確認しあうのだそうで。
うっかりまちがえる、なんてことないのでしょうか?

天敵がいない→おいそれと近づけない島→ものすごい荒波、ということで、うっそ~ん!!!というぐらい荒い波が島の岸壁にうちつけており、そこから海にいくだけでもそりゃもうものすごく大変なわけです。

それでもペンギンゆえに、表情一つ変えず、ひょこひょことした歩き方で、押し寄せる波のタイミングを見計らい、荒れた海に飛び込んでいくのです。

たぶん、餌をとりにいく、帰ってくる、というだけでも何匹も死んでいると思います。
それぐらいの荒波と荒々しい岸壁です。

ただただ、こどものために行き、もぐり、帰ってきて、よたよたと家族を探し、餌を与える。
父母交代でいくようです。

よたよたと戻ってくるペンギンの中には腹部から血を流しているもの、足が折れているものもいます。
家族のもとにまでたどり着けないのでは・・・?
となると、その家族も飢え死にするのでは・・・?

天敵がいないほうがいいのか、どっちがいいのかわからんやん・・・と思ってしまう。

家族4人でみておりましたが、主人と私、なんだか重いものがずしんと腹わたに沈み込んだように感じました。
主人がぼそりと
「親ってたいへんだな・・・」

そこに生まれ、しんどいとか大変とか思うこともなく、淡々と生きて、淡々と自分の次の命をつなぐために、荒波にもぐり、波の具合で生きるか死ぬかの毎日を過ごす。
淡々と、などと書いたけれど、実のところ、「あ~、またあの海に行くのか~」なんて思うのだろうか。
いや、そんな感情があったらあの海には入れない。

子を育てる、生きていく糧を得る。それだけのために生きている。
恐れ入ります、ヒゲペンギン。

スポンサーサイト

ごめんねぇ…

子育て
02 /14 2017
本日はバレンタインデーですね。

最近はどうなんでしょうか?義理チョコ禁止令なるものが大人数の方が勤める会社では出たりしているのでしょうか?

娘たちの通う小学校でも、チョコ=学校に不必要なもの=持っていくのは×となっているようです。


で。12日・日曜日の午後。我が家のインターホンが鳴りました。
いとこの女の子。
わが姉妹に友チョコをもってきてくれました。
とってもおしゃれにラッピングしてある、手作りチョコケーキ。とってもおいしゅうございました。

そして1時間後。
ピンポーン。
長女のお友達が、友チョコをもってきてくれました。

やさしいお友達がいてよかったなあ~、ありがたいなあ~と心からお友達と姪っ子に感謝。


で。
バレンタインデーに手作りチョコをお父さんに渡したい、といっていた長女の声を無視して12日の日曜を迎えていた我が家。
おかしづくりなるものを人生のうちで1回ぐらいしか(しかも9割を友達に手伝ってもらって)したことのない私=頼りない母。

上桂のグルメシティまで自転車をとばし、簡単手作りチョコキットなるものを購入し、帰宅後すぐ作り、できあがるやいなや、姉妹そろっていとことお友達のうちにもっていきました。

作りたいといっていたのに、聞こえぬふりをして、娘に悪いことをしたなあ…と反省。
なまけもののおかあちゃんでごめんね。

引越しとともにどこかに行ってしまったオーブンの天板。使い始めてもう10年になるし、
オーブン買い換えて、来年はオーブンを使って、もう少し手作り感のあるチョコケーキ?でも作ろうではないか。

なんて、そんなハードルあげて、できるのか??

でも、娘が作りたいと言ったら、今度はちゃんと準備してリクエストにこたえよう!

読書感想

読書
02 /10 2017

先日、このブログについて、お客様からとてもうれしい、温かい言葉をかけていただきました。

ブログをはじめて苦節(何が苦節だ)約10年、あんな嬉しいお言葉をかけていただいたことはございません・・・。
ときには身内の恥、的なこともさらしつつ、これがいったい何の役に立つのだ、と思い続けてきましたが、
お客様のことばですべてが報われました。
このようなブログにまで目を通していただいて、ありがとうございます!!

これからも、けっして読んでも身にはならない内容ですが、コツコツと書いてまいりたいと思います。



我が東住販の社長は読書好きです。
会社の本棚にはびっしりと本がつまっております。
すでに新しい本は入るスペースがございません、というぐらいびっしりです。

話題の本はだいたいそろっています。
新聞で広告していた本は、だいたいが近々にその本棚に並んでおります。

で。少し前に
その本棚にならぶ佐藤愛子さん著の
「90歳。なにがめでたい」
を昨日読みました。
さらっと読めるエッセイです。字が大きいです。

タイトルからしてすでにキレ気味な感じですが。
内容もだいたいがキレておられることが多い。
テレビに向かって、無慈悲な裁判判決について、新聞投書の人生相談欄について。

その中でもおもしろかった、ソバプンの話。

新聞に、女子大生が悩みを投稿。

医療関係の大学に通っているが、実習で同じ班になった男子生徒が、どうやら風呂も入らず、着替えもせず、ものすごい悪臭をはなち、フケをまき散らしている。実習ではその男子に触診せねばならず…。注意できたらよいが、怖くてできない、学校のどこだかに訴えたが改善されず、どうしたらよいか。
という悩み。

愛子さんの学生時代はソバプン=そばにくるとぷんと臭う男子、が多かった。かの遠藤周作氏もそうであった。
(かの、とか知ってるテイで書きましたが著作はなんにも読んだことがございません)

だいたいソバプンの何が怖い。ちゃんと伝えればよいではないか。

自分の人生の問題にたいして、自分で解決できずにどうするか。
この人は「気弱」を通り越して「怠け者」である。

と一刀両断。

「気弱」を通り越して「怠け者」・・・・!!!!

まるで自分のことを言われているようで、目からうろこ。
(目からうろこ、の使い方、まちがってる?)

そうか、怠け者なのか、人生の問題について自分で解決もできないのは気弱でもなく、気ぃ遣いでもなく、ただの「怠け者」なのだ・・・・!!!


実際問題として、もし新聞のお悩み解答欄に
「あなたは怠け者です。自分で伝えて、自分で解決しなさい、その人のなにがこわいものか」

と回答したとしたら。
ネットでいうところの「炎上」が起こること間違いなし…という気がします。
「それができたら投書なんかいたしません」てか。

自分が何一ついやな思いも、辛い思いも、面倒くさいこともせずに問題解決しようなんてありえない。
そうやって小さな困難もなんとか自力で乗り越えていくからこそ人は強くなれる…

わたしもその女子大生に似ている、ということは私も怠け者なのだ、と自覚いたしました。

むかってくる困難に対し、逃げずにただひたすら正面から立ち向かってきた愛子さんのお言葉の数々。
もしかしたらなかにはたちむかわなくてもよい困難辛苦もあったのでは、と思いますが、そこでこそこそ逃げるよりは戦った方がよい、という考え方。
そりゃ、ソバプンがなんぼのもんじゃい、となりますわなあ。

周りに気を使いすぎ、自分が世間から浮いてしまうのを恐れすぎ、傷つくことも恐れすぎ、なんにもできないで困っているよりは、少しでも行動してぶつかり合うのも大事なのかもしれません。

ほかにもおもしろいお話がたくさん載っています。

ご興味が湧いた方、ぜひご一読を。

2月11日、12日、オープンハウスのお知らせです!

不動産
02 /06 2017
2月11日は土曜日ですが、建国記念日の祝日と重なりましたね。

11日、12日の土日、東住販ではオープンハウスを開催いたします!!

詳細はこちら↓↓↓
2017年2月11日_エルパーク

室内写真はこちらからどうぞ

窓から小畑川と西山が眺められ、眺望良好です。
平成28年8月に室内リフォーム!平成28年12月ハウスクリーニング済!即入居可。洋室5.5帖にはシステム収納が設置されています。手入れ不要ですぐにお住みいただけます!
弊社が売り主ですので、仲介手数料は不要です。

どうぞご来場ください、お待ちしております♪

ダブルフリーフォール

子育て
02 /02 2017
事故してからまもなく1か月、ようやく新しい自転車がやってきて少しご機嫌なブログ担当者です。
とっとと購入すればよかったのですが、なかなか自転車屋さんにいけず、のびのびに…
前の自転車の購入代金から年数分を減価償却された分が保険から支払われるので、足らない部分はもちろん自己負担・・・
バッテリー交換代金より安い?ぐらいで新車が購入できたのでラッキー、ぐらいに思っておきましょう!

昨日のお休みは、こどもたちがたまたま一時半帰宅の日だったので、ここに行って参りました。
彩都なないろ公園

大阪府箕面市彩都粟生北2丁目3

です。

なぜにここにいったか。それはこちら↓
photo_nanairo03.png
阪急さんのホームページから拝借。
というのも、阪急不動産、阪急電鉄さんが開発中の街の中にある公園だからです。

このすべり台を紹介していたTVをたまたま見ていた主人が、いってみよう!と珍しく自ら進んで遠出を申し出てくれました。

次女など、どれだけ楽しみしていたか!
長女、5m落差のフリーフォールに挑戦中。
s-DSC_0862.jpg

s-DSC_0863.jpg
滑ってる最中。ほぼ張り付いてます。

s-DSC_0858.jpg
横から見たとこ。ほぼ垂直。

3mと5mがありまして。
小学生と中学生ぐらいの子らがかわるがわる滑ってはりました。
平日の夕方でしたので、7~8人ぐらい。
なんども挑戦しようとしては躊躇し、あきらめる、といった子の姿も。

初めて滑るときは意図していない声を発してしまうぐらいのスリルがあるようです。
腹の底からの「うううっ」「おおおおっ」とかそんな声が響いておりました。

勇気あるわあ…

最初に鉄棒にぶら下がってから滑るんですが、右肩があげられない私、断念しました。

主人は5mに挑戦。やはりはじめは声を出しておりましたが2回目はスムーズに滑っておりました。

で。ものすごく楽しみにしていた次女。
ぶらさがるだけぶらさがったものの、「Mちゃん無理!!!」といって一度も滑ることなく終わっておりました。
なんてことだ。

長女は5mを一度すべったものの、それ以降は3mばかり。いつもは一人で2階にもあがることができないのに、こういったものには強いんですなあ。

日本らしからぬ、かなりのスリルあるすべり台です。

彩都の街、山を開いて作ったところなのでしょうか、山が近いですが、モノレールが走っているし、ショッピングモールはあるし、きれいな家とマンションがたちならんでいて、この公園ともうひとつ近くに公園があったのですが、そこにもたくさんの小学生のこどもさんたちが遊んではりました。小学校も新築されたばかりのようで、ピッカピカの校舎。
エキスポシティの観覧車、もっと南には梅田のビルがうっすらみえていました。
京都の桂坂をもっともっと大規模にした感じでしょうか。
大規模開発ってすごいわあ・・・・

自然発生ではない町がどういう風になっていくのか、興味ありますです。

お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。