FC2ブログ

人生ゲーム

たわごと
12 /26 2016
クリスマスも終わりましたね。
あとはお正月にむけて、おうちのそうじやら年賀状やら、お忙しい方が多いことと思います。

我が家もいまだ大掃除できず。
会社は本日、大掃除。
私を除いて、みなガラスやらトイレやら床掃除やら…
わたしはあれこれ業務などがあり、参加せずに終わりました。申し訳ございません…
きれいになった事務所で、一人、久々のブログ更新中。

こどもがいるおうちのクリスマスはプレゼントを用意された方も多かったかと思います。
我が家にはそのひとつとして、人生ゲームがやってきました。

何十年ぶりにやりました、人生ゲーム。家族4人で。

結果。わたくし、タレントとなるも、家を購入せず、決算日に借金を返せず、人生最大の賭けにでるも、無残に賭けに負け、開拓地へと流れつき、補助金をもらって暮らす生活となりました。

とまるマスとまるマス、ほぼお金を払うマスでございました。
それにひきかえ、次女はほぼお金をもらうマス。
1位で上がった主人が結局一番大金持ち。
長女も借金が残ったままのゴール。
だいたいなんだ、ゴール1個手前の「火星に移住する、250000ドルはらう」ってのは。
主人も次女も見事そこのマスにとまっておりました。
人生最後までどうなるかわかりません。
ゲームとはいえ、悲しい年の瀬でございました。

読んだ本に、最後、どういう死に方をするかで、その人が幸せかどうかがわかる、といった趣旨の文を読みました。
いろいろあったけれど、最後、大切な人々に囲まれて、安らかに死ねれば、もしくは自分がよいと思える死に方ができれば、それが幸せなのでは。
開拓地に流れつき、補助金をもらう私はそんなことがふと頭によぎりました。

今年最後のブログがこんなことでいいのか?
・・・・。

それではみなさま、よいお年をお迎えください。
そして平成29年も東住販をよろしくお願いいたします!

スポンサーサイト

自分が役に立つ人間だとは思えない…

たわごと
12 /08 2016
ご近所の方から、玄関や室内に手すりをつけたい、とのご依頼を賜りました。

ご高齢ですが、要介護の認定は受けておられません。

もしかしたら、行政から補助金などがあるかもしれないから、調べてみよと指令を受けた私、京都市役所に電話してきいてみたところ、ありました。その名も
「介護予防安心すまい事業」

ただ、申請して2週間ぐらいかかることなどもあり、お客様にそれを説明したところ、年内には工事してもらいたいし、今回は結構ですとのこと。

工事費の2/3、上限16万円、工事内容、申請者については条件があるのですが、要は、65歳以上で京都市に在住・住民票があり、要介護の認定を受けておらず、市民税を納入していない人は、要介護にならないための工事のためなら補助金を出します、ということらしいです。


で。それを受けるにあたり、事前に基本チェックリストにこたえてないといけないそうで。
毎年、対象者の方には郵送で送られているそうです。

バスや電車で一人で外出していますか、などなどの質問事項にはい、いいえで答えていく。

ここ2週間毎日の生活に充実感がない
ここ2週間これまで楽しんでやれていたことが楽しめなくなった
ここ2週間以前は楽にできていたことが今ではおっくうに感じられる
ここ2週間自分が役に立つ人間だと思えない
ここ2週間わけもなく疲れたような感じがする

はい、いいえ。

自分が役に立つ人間だと思えない・・・

わけもなく疲れたような感じがする・・・

楽しんでやれていたことが楽しめなくなった・・・

胸につきささる質問だわ~・・・
ここ2週間の間の自分の胸の内を問うてみよ。

これ、はいにすると要介護の予備軍だとなるのでしょうか?
高齢者でなくても、はい、と答える人いるだろうな・・・。

はい、と答えたら、はげましてくれるのだろうか…

今回はこの制度、使わないことになりましたが、担当エリアの方に電話したところ、この申請はいまだ一度も受けたことがないらしいです。市民新聞などで啓蒙しているようですが、そこまでチェックできてない方がほとんどでは。

せっかくの制度なのに、もったいない。

というわけで、ここでささやかな宣伝でございます。
既知の方、ご容赦くださいませ。

ささやかな癒し

たわごと
12 /01 2016
12月、師走に入りましたね~。
毎度年の瀬になると思うのが、1年たつのが早い…

歳をとるごとに月日の経つのが早くなるのはなぜなのか。
理由の一つとして思うのが、人生に大きな変化がないからではないか?
毎日毎日だいたいが同じことの繰り返しで、新しい経験はあまりない。私の場合。

どこか、初めてのところに出かける時、行き道は長く感じるのに、帰り同じ道を通ると、短く感じる。
のはすでにその道を一度通り、だいたいの時間が予想できるから。
その道を通ることを一度経験しているから。

それと同じではなかろうか…。

そればっかりが理由でないと思いますが、それも一理あるのでは。
1歳の子の1年は人生の1/1ですが、80歳の1年は人生の1/80.・・・

年の瀬の感慨はここらにして。

いまさらですが、我が家にゲームがやってまいりました。
s-DSC_0651.jpg

s-DSC_0652.jpg

11月の10日、発売日当日に、ジョーシンの通販からやってまいりました。
ゲーム機は我が家になかったのですが、ファミコンが発売されるというニュースを見て以来、悩んだ挙句購入。

主人は幼き日、ファミコンが家になく、友人のうちでしかできなかったとのこと。
ドリフもひょうきん族もみせてもらえなかったおうちです。

ついにきたよ、自由にファミコンをできる日が。

惜しむらくは、頑張れゴエモン!からくり道中とスパルタンXとマッピーが入っていなかったこと。
かなしいわ~。

時代はVR、バーチャルリアリティの時代にファミコン。
ファミコンで喜ぶ小学3年と1年の娘たち。
なんだか申し訳ない気持ちにもなりますが。

ハラハラドキドキして楽しめる、ということはどんな映像でも、変わりなく。

主人はグラディウス(シューティングゲームというのでしょうか)にはまっております。がいまだクリアできず。
歳のせいか、30分ぐらいで集中力も切れます。それぐらいでちょうどよい。
つかの間の癒しだそうです。

張り切って購入したわたくしはほとんど遊んでおりません…


お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。