不動産
02 /24 2011
ここ数日、春めいてきましたね~。いまだ花粉症も発症せず、快適な毎日です。

昨日は幼稚園の制服を受け取りに行く日でした。卒業まで着られるようにとでっかめサイズを購入。着せてみたらやっぱり大きい…。許せよ、娘。

いよいよ幼稚園、ずっと家でみてきて、思い返せばいろんなことがありました。お洋服を着替えない、トイレトレーニングがなかなか進まない、お野菜をたべない、などなど…。楽しいなんて思う余裕はなく、母親として、もひとつな自分だなあと反省することばかりです。でも、こちらのいっていることを解ってくれるようになると本当に、いままでがうそのようです。長かったなあ、この道のり…。

といっても、今は下の娘に色々手がかかることが多く、先日も、買ったばかりの無印良品のパセリのビン詰めを部屋中バラ巻かれたり、油断もすきもない毎日です。

まあ、二人とも元気でいてくれるので、それがなにより。

頼りない母ちゃんですが、ぼちぼちがんばりまーす。
スポンサーサイト

はまっているもの

不動産
02 /17 2011
いや~、そろそろ花粉ちゃんも飛び出し始めるころでしょうか??ある日突然、朝、なるんですよねえ、あれ。いやです。色々新しい治療法も増えているようです。国民的病気ですよねえ。でもあれって、完全に治すことができたら、毎年売れる薬やマスクも売れなくなるので、困るところもあるんでしょうね。

で、そんな花粉におびえながら、最近、お料理エッセイにはまっています。お料理に関することが色々書いてあるもの。レシピだけではなく、エッセイものっているので、楽しめます。で、そこに書いてあるのがおいしそうで、簡単そうならすぐ作ってみます。向田邦子さんとか、阿川佐和子さんとか、石井好子さんとか、大村しげさんとか、あと誰でしたっけねえ・・・。
おいしそうだし、読んでて楽しいし、気楽に読めます。詳しいレシピがなければ、なんだか余計作りたくなってしまいます。

今日の料理、キューピー3分クッキング、おしゃべりクッキングもよく録画いたします。
簡単チャーシューを作ったときは、だんなが絶賛してくれました。娘もぱくぱく食べてたし。そういうときが、一番やったー!!と思います。
といっても、一向にレパートリーが増えません。なんでだろう。定番になるって難しいですね。
というか、私が面倒くさがりなだけです。ハイ。

こんなこと書いて、お料理上手なのかしら、と思われたら困るのですが、私、手際は悪いです。そして、めったに料理なぞしないだんなは、たまに作るプレーンオムレツもどきなんぞ、とても手際よく作るんですなあ…。なんでやねん。料理の上手さと頭の回転のよさって、比例するような気が…、とたまにだんなをほめておこう。

しかし、せっかく本を整理したのに、またちゃくちゃくとふえております。どうしましょう。

おいなりさん

不動産
02 /10 2011
2月に入ってもう10日もたちました。1週間が恐ろしいほど早く過ぎていきます。

昨日は家族で伏見稲荷大社におまいりにいってきました。いまさらながら初詣。商売繁盛、家内安全を祈り、びゃーっとたくさん鳥居が並んでいるとこをちらっと歩いて帰って参りました。

しかし、あの鳥居ってそれぞれ奉納されたものだったんですねえ。ひとつひとつに名前と奉納された日が書いてありました。って、常識ですか?私はしりませんでした~。しかも、いいお値段ですよ。カミサマに値段もなにも・・・と思いますが、大きいのなら130万円ほど。それがずらーっと並んでるんですから。

おいなりさん、神様、というのは、ほんとに深く、日本人に根付いているのだなあと感心しました。で、そんな日本が私は好きです。

立派な先生

不動産
02 /03 2011
晴天が続きますねえ~、乾燥しすぎて、洗濯物がかわくのはありがたいですが、のどや皮膚がかさかさです。年末年始に体験した大雪がうそのよう。

さてさて、またその帰省中の話なんですが。。。
1月2日、疲れとストレスによってか、腸炎を患った娘。3日間はほんとに飲まず食わずで脱水症状になり、1月5日に病院の点滴で復活。それから徐々に元気になったのですが・・・。

次はなんとじんましん!体と耳の後ろやらに出てかゆがるし、緊急で病院に連れて行き、薬をもらいました。でも、なかなかかゆみはおさまらないし、なんとなく、勘で、「先生がいうてはった診たてとは違う気がする・・・」と思い、翌日再度アレルギー科のある小児科へ。でもやっぱり同じ診たて。おかしいな~。

そこで、私たち家族が昔っからお世話になっている、もう引退された皮膚科の先生に、無理言って先生のご自宅で診察していただきました。

もう引退してはるし、無理いって自宅に押し掛けてみていただくし、申し訳ないなあと、手土産を持って「ピンポーン」すると、先生自ら、出迎えていただきました。そして、上品なこじんまりとした、美しいソファがおいてある応接室に通されました。すると、ぼわーんとあったかい。我々が来るからと、わざわざ暖めておいてくださったのでした。
診察してもらおうと、自ら服をまくりあげる娘に、「さあさあ、そこは寒いから、こっちにおいで」とやさしく暖房の前に。

小児科さんとは違うみたてで、先生の娘さんが嫁いだ病院で薬をもらい、娘も徐々に快方にむかったのでした。

すごくはやっていた皮膚科でした。引退されても、こうやって無理も聞いてくださって、温かく出迎えてくださって、ほんとに優しい、立派な先生。「もう僕も年だから」と引退されたのですが、残念きわまりないです。まあ、私ももう京都に住んでいるのですが。帰り際には、「お父さんも元気にされてますか?」なんておっしゃるし…。
先生、ありがとうございました。

お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。