FC2ブログ

一晩で89センチの積雪って・・・・。

不動産
01 /27 2011

2011年も宜しくお願い申し上げます。
いや~、今年の雪はすごかったですねえ。ほんとに。年始の頃のニュースで見られた方も多かったと思いますが、我がふるさとは鳥取県の米子。31日から1日の1晩で、89センチの積雪がありました。

以下、年末年始、大雪に翻弄された我が家の体験談。長くなりますので、ご興味のある方だけご覧下さい。

31日は、18時13分着予定の岡山発のやくもにのって、米子に着いたのが23時15分ごろの5時間遅れ。
空腹やし、閉じ込められた電車の中、情報が少なすぎて、飢えてぐずる子供二人をかかえ、私が泣きそうでした。

やっと駅に着いたと思ったら、異常な積雪で、迎え予定の父母が、「車が雪にはまって迎えにいけない!」とのたまうではありませんか。うそでしょう、お父様、ねえ。。。じゃあ、タクシー、とタクシー乗り場は100人超えの長蛇の列。しかも、いつもは10台ぐらい常時しているのに、からっぽ。20分ぐらいまっても、一台もきません。

もう無理、帰れない…。寒さで下の娘の唇はま紫。
「歩いて帰ろう」と主人。「無理だよ、雪ふってるし積もってるし、普通に歩いても30分はかかるんだよ」「でもそうするしかない」

私は下の娘を背負い、主人は大きい荷物の上に上の娘を乗せ、とぼとぼと歩き出しました。

200~300m歩いたところで、向うから、「しゃりしゃりしゃり…」とチェーンを巻いたタクシーがくるではありませんか!その時の私の、必死の手の振りよう…。思い出したら恥ずかしい。
でも、車の隅にある文字は「回送」…。
神も仏もあったものか、ああ、ああもう勝手にするがいいさ。

でも、タクシーは停まってくれました。そして、雪でぐずぐずの私たちを乗せてくれました。神様、仏様、ありがとう。私たち、日頃の行いがいいのよね。運転手さん、「小さなお子様がみえたので」ああ、あなたが仏様なのですね。

狭い道には入れませんよ、いいですか?ええ、もちろん。近くまででいいのです。

というわけで、無事に家に着くことが出来ました。家に入ったのは日付が替わった12時30分ごろ。ほんとにやれやれ、やれやれ…なんや、この年越し…。

そそくさとそばをたべ、お風呂に入り、眠りました。あったかいってほんとに素敵。

でもその数時間後、積雪の為、送電線の鉄塔が折れ、まさかの停電。元旦から、家の中で寒いよう、暖房つかないよう、お湯がでないよう…でもお昼の3時ごろには復旧しました。

電気に頼りすぎる生活って危険。現代人ってなんにもできない。便利さって追求しすぎると、イザというときなんにもできない。昔だったら停電になってもそんなに生活に差し障りなかったでしょうねー。

それでも3日間停電になったままだったり、電車が34時間遅れたり、9号線がスリップしたトラックで大渋滞、48時間車が動かなかったりした人たちに比べたら、私たちの経験なんてなんてことない。

新年早々貴重な体験をいたしました。
スポンサーサイト

お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。