不覚にも・・・

不動産
08 /30 2010
盆がすぎても猛暑続き…、酷暑というんでしょうかねえ。暑いです、日本。お盆は例によって実家の米子で過ごしました。皆生(かいけ、と読みます)で海水浴もしたし、花火もみたし、家の庭でプールもしたし、お墓参りもしたし、夏を満喫しました。

毎日のように実家に来ていためいっこから、「たのしんご」なるものを聞きました。中2と小5のめいっこが、それはそれは楽しそうにたのしんごのダンスをするではありませんか。京都にもどってきてからそのリズムが頭から離れません。
めいっこに、「ユーチューブでみてな!!」と言われたので、「そんなあほらしいもん、わざわざネット使ってみるか!バカタレ!」と大人の威厳をみせましたが、気になって気になってついに今日、見てしまいました。
見た挙句、笑っちゃいましたよ…。

今年のお盆、心に一番残ったのがたのしんご…。いかんいかん、大人としていかん。でも、基本的にお笑いは好きです。その昔、嫌いだった吉本新喜劇も、だんなの影響で好きになったし…。いとうあさこもきらいじゃない。です。
スポンサーサイト

ようやくいけました

不動産
08 /05 2010
毎日毎日、暑いです。朝、洗濯物を干しているときに浴びる日差しが痛いほど・・・。気温も36度の日なんて結構あります。こんなに暑かったですか、世の中…。

さて、昨日の休日は長年行きたいと思い続けて、ようやく行けました、本屋さん。
ご存知の方も多いと思いますが、「恵文社一乗寺店」。
平日の夕方でしたが、店内は多分30人から40人はいはったと思います。
普通の本屋さんとは違い、そこに勤める店員さんのセレクトされた本がおかれています。新旧問わずです。だから古そうな本が置かれていたり、一般的な書店ではお目にかかりにくい本が、どーんと平積みされていたり。

私の好奇心はくすぐられっぱなし。どかーんと大人買いしそうになりましたが、買った本は結局3冊。器と料理の本。ほかに建築の本や、デザインの本、詩、文具、雑貨などもあります。多分もっといろいろなジャンルの本があったはずですが、時間がなくてゆっくり見られませんでした。
きっと、好きな人にはひびくでしょうねえ・・・。学術的な難しい本はおいてないようです。リクエストするなら、歴史に関する本があるともっと楽しいかな。

出版業界は不況不況といわれていますが、ここはそれとは無縁のようです。店長さんはまだ30代前半とお若いですが、ブックフェアで講演などもされているようです。電子書籍も台頭してきて、本の未来は暗い、といわれていますが、ここをみているとなかなかどうして。本好きな人は、きっと本を自分の手にとって、愛蔵したいはずです。表紙のデザインや紙質、文字のデザイン、行間…。電子書籍では表現しきれないものがあります。
本屋さんにプラッっと入って、素敵な本に出会えた時なんて、それはもう、帰り道、スキップしたくなるような嬉しさです。

ちなみに…休日にごろごろしているだんなさんをむりやりひっぱって、私の運転で一乗寺までいきましたが、ものの10分もたたないうちに、後部座席で父、娘2人は爆睡してました…。よーねるわ…。

お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。