不動産
06 /29 2009
来る7月4、5日の土日、11時~17時まで、

西京区御陵峰ヶ堂町二丁目の一戸建て、


オープンハウスを開催します!

azuma_life_070401.jpg



京都方面からだと、9号線から和食さとさんを左手にみる信号を右折、
京都大学桂キャンパスをぬけてすぐのところです。

当社売主につき、仲介手数料は不要!

閑静な住宅街で、全居室南向き!!
南側にお庭もありますので、ガーデニングされるもよし、
改装して一面ウッドデッキにされるのもGOODです!

車も普通車2台が駐車可能!

5LDKですので、大家族でもゆったりと暮らせますね。

LDKには床暖房、桂坂の冬も暖かく過ごせます。

浴室には乾燥暖房付き、こういう梅雨の時期には乾燥機能が
大活躍するはずです。

2階にもトイレ、洗面化粧台がありますので、大家族にありがちな
朝の混雑も心配無しです。

カウンターキッチンですので、ダイニングを見ながらお料理が出来ます。
また、勝手口をあけたところにスペースがありますので、一時的な
ゴミのストックなども心配無用。

ハウスクリーニング済できれいな室内です。

桂坂でおうちのお探しの方にはぜひとも一度ご覧いただきたい物件です!
室内写真は当社ホームページの売買物件情報の中に掲載してあります。

お気軽にご来場ください!お待ちしております!

スポンサーサイト

いまさらですが・・・刑事一代 平塚八兵衛

不動産
06 /29 2009
いまさらですが、6月20,21日とテレビ朝日で放送された
「刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史」
おもしろかったですねえ。ご覧になられてない方、すみません・・・。

刑事モノ、昭和、渡辺謙さんとくれば、この私、
見ないわけには参りません。

私の愛読書、松本清張氏も、このはちべえさんが手がけた事件の
いくつかを題材に小説を書かれたりしております。

ただ、はちべえさん、とある事件で松本清張さんが取材にこられて、
「あれは他殺じゃなく自殺だ」と伝えたのに、小説が
出来上がってみたら他殺になっていたとか・・・。
まあ、他殺じゃないと推理小説にはなりませんが。

第2話しか見られなかったのですが、途中から見たのに
ぐんぐん引きこまれる。
一度、別の刑事さんが調べていることを、再度自分が納得いくまで
調べて、毎晩家でそれを手帳に整理し、いざ犯人と
対峙して取り調べるときは、それまで調べ上げた全ての
些細なことが頭に叩き込まれていて、それをネタに
犯人を追い詰めていく・・・。刑事の職人・・・。

やり方があまりに独創的でありすぎて、周りや上司の人と
対立することは日常茶飯事だったようです。
でも、そこには「犯人を捕まえる」というただ一つも目標が
あったからであり、ゆえにこそ、自分にも他人にも厳しかったのでしょう。

あんまりおもしろかったので、原作も買って読みました。
ドラマが少々脚色されている部分も発見しましたが、
まあ仕方ない。

自分が取り調べ、死刑執行された犯人のお墓に、
刑事引退後、お墓参りするシーンが原作にもドラマにもあったのですが、
ぐっとくるものがありました。

本家の墓の横に、ただ土盛されただけの犯人の墓があり、それに
しがみついて号泣されたそうです。
持ってきた花を、手で掘り返した土に埋め、
「保くん(犯人の名)、ずっとこられなくて悪かったなー」と。

この心境はご本人にしか分かりませんが、
このはちべえさんという人間がどんな方であったか、
というのをすごく表している行動だと思います。

ご興味ある方、一読あれ。

やる気スイッチ

不動産
06 /25 2009
梅雨だけれども、雨降らず。

天気はありがたいけれど、雨が降らないと
水不足やら不安になります。
雨が降ったら涼しいし・・・。

マンションゆえか、寝苦しさがここ数日倍増し、
夜中に何度も目覚める始末。
我が家は東向きのベランダ、朝日が入ってよいのですが、
夏は朝から部屋がもーれつに暑い。

今どきのマンションならペアガラスとか、ベランダの
広さやらで直射日光が入る量も、うちの古い
マンションとはちがうかもなあ・・・。

おうちは気に入っていますが、夏の暑さだけは
閉口してしまいます。

こんな状態ですから、今日は朝からなかなか
体のお目覚めスイッチが入りませんでした。
洗濯して、ご飯作って、娘の着替えさせて、ゴミを集めて
捨ててから出勤・・・の一連の作業がだるかったー。

でも、いつも思うのですが、掃除でも食事の用意でも、
やり出したら「やる気スイッチ」が入って、だるさが
どこかへ行ってしまうような気がします。

やり始めるまでが戦いで、やり出したら大丈夫。
頭で考えないで、とりあえず動き出すとなんとかなるもんです。

あと、時間を決めてやる。家事はやろうと思えば
どこまででもできますから、30分でここまでやると
いう風にすると、これまたきびきび動けるもんです。

私はどうも、めんどくさがり屋でだらだらしがちなので、
こうして自分を鼓舞しないと、なかなか動けません、
お恥ずかしい・・。

こどもの夏休みのように、一日の行動スケジュールでも
たてようかな・・・。

すいか参上!!

不動産
06 /19 2009
昨日の夕方、京都はまさに「ゲリラ豪雨」にふさわしい

雨が降りましたね。あまりの激しさに、娘はマンションの

ベランダに1人たたずみ、修行僧のように雨に打たれて

喜んでおりました。いろんな意味であぶないあぶない。

今日、実家の鳥取から会社にすいかと母がつけたらっきょう

やらが届きました。

すいかは丸々一個。冷蔵庫に入らないよ・・・。

私の小さい頃は水道水で冷やしたもんです。いなかゆえ、水道水でも

昔は結構冷えました。お風呂場にでっかいバケツを置いて、

それにすいかをいれておりました。

それを見て、「早く食べたい!!」

昔ってなんであんなに美味しいと思ったのか、それは多分、

よく動き、よく太陽にあたり、体が乾いていたからではないか。

果物そのものも改良されてはいるはずですが、

体の底から「乾いた~」なんて感じ、汗だくだくの感じ、

事務所仕事の私はここ数年あじわっておりません。

ゆえに果物本来の美味しさを味わいそこねているのでは・・・。

人間、体を動かしてなんぼですね。

不動産
06 /15 2009
お客様が来店されたとき、お茶をお出しします。

お客様に限らず、同業者の方の来訪も多いの
ですが、同様にお茶をお出しします。

「失礼します」と、話をさえぎらない程度の声で
お茶を置くとき、いろんな対応が返ってきます。

ちょこんとおじきをしてくださる方、
「ありがとうございます」と声をかけて下さる方、
まったく反応のない方・・・。

こちらは別になにか言ってほしいと思って
お出ししているわけではないので、声をかけて
くださったり、おじぎをしてくださったりすると
「おおっ」と思い、ちょっと嬉しくなります。
お客様はほとんどそういう反応をしてくださいます。
同業者の方は、ぶっちゃけ、それぞれ・・・。

何かしら反応してくださる方は、帰り際でも
きちんとこちら全員を見て、
「失礼いたします」といってくださいます。
すると、「ええ人やな~」と私の好感度は
ぐっとアップ。

人のふり見て我がふりなおせ。悪い意味に限らず、
こういう、さりげない心配りは見習わなければ!



不動産
06 /11 2009
20歳の男性ピアニストが、著名な国際コンクールで優勝した、
と連日報道されていますね。

すばらしいことだと思います。ちらっと見たニュース映像の
彼の演奏、指の動き、信じられないほどの動きを
見せていました。
といっても、国際コンクールに出場する人たちの
技術の差、なんて私には区別がつくはずないのですが。

ただ技術があるだけでなく、聴衆の心に響く「何か」が
あるから、多くの人を感動させ、優勝という快挙を
なしとげたのでしょう。
そして何より、「ピアノを弾くことが好き」、この気持ちが
きっと体中からあふれ出ていたはずです。

生まれつき目が見えず生まれてきた彼の人生の方向を
決定したもの、ピアノ。
わずか2歳3ヶ月で、母が鼻歌で歌った「ジングルベル」を
おもちゃのピアノで即興で弾いたそうです。これぞ神童・・・。

ここに行き着くまで、ご両親、ご本人の中にどれだけの
苦労、葛藤があったのか。
ご本人は「目は見えなくても心の目は見えているから」と
インタビューで応えていましたが、
それでも、生まれてきた時、全盲と聞いたご両親の
お気持ちはいかばかりであったか。
まったく葛藤がなかった、といえば多分うそになるはずです。

目が見えない、ということがあっても、
自分の人生を、情熱を、全てをかけて打ち込める何かを
持ち、それが生きていくすべにもなっている人を
本当にかっこいいと思います。
命・生きることが目的ではなく、自分に与えられた命を
手段として人生の目的を果たしていくこと・・・。
すごいなあ・・・。

もちろん、誰もが表現者として、世間に認められるわけで
はありませんし、無理に表現者になろうとする
必要もないわけで。
自分の人生を、たんたんと、人と比べず、楽しみながら懸命に
生きる人をかっこいいと思います。

と、このニュースを見ていろんなことを考えさせられました。

そんなことを考えながら、ふと思い出した、詩。

老後無事
             河上 肇
たとひ力は乏しくも
出し切ったと思ふこころの安けさよ。
捨て果てし身の
なほもいのちのあるままに、
飢え来ればすなはち食ひ、
渇き来ればすなはち飲み、
疲れ去ればすなわち眠る。
古人いふ無事是れ貴人。
羨む人は世になくも、
われはひとりわれを羨む。

「羨む人は世になくも、
われはひとりわれを羨む。」

これも、かっこいい。



テニス全仏オープン

不動産
06 /08 2009
テニスに興味のない方は申し訳ありません。

全仏オープン、フェデラー選手が優勝しましたね。
見たかったなあ・・・。WOWWOWでやってたんですが、
うちはWOWWOW見られないので、泣く泣くあきらめてました。

テニス観戦、といっても私はウィンブルドンの決勝を見る
ぐらいでしかないので、まったく詳しくありませんが、
今回優勝したロジャーフェデラーというスイスの選手が
とても好きです。
ウィンブルドン決勝の常連です。

クレバーで、プレー中にそんなに表に感情を出さず、
「紳士」という感じが伝わってきます。プレー中はクールなのに、
圧倒的に強い。そこがかっこいい。
素人の私が見ても、無駄のないしなやかな動き、
美しいフォーム、見ていてあきません。しかもまだ(?)27歳。
なのにあの落ち着きっぷり。世界のトップにたつ人っていうのは、
テレビからでもオーラが伝わってきます。

1人で戦うテニスは、しかも世界の頂点を争うような試合は、
私のような凡人には想像もつかない、強靭な精神力が
必要なのでしょう。プレー中に1人でしゃべっている選手は
とても多い。相手との戦い、自分との戦い・・・。
すごくたくさんのドラマがつまっている気がします。

テニスはやったことないのに、ウィンブルドンはいつも
見てしまいます。
今年も楽しみだな~。

おいしいスコーン

不動産
06 /05 2009
久々のカフェネタです。

京都ではないのですが、「HIRO」という、
大阪と兵庫に店舗を出されているお店です。
ご存知の方も多いのでは?
前に「ちちんぷいぷい」でも紹介されていました・・。
雑誌などにもたくさん紹介されているお店です。

我々は数ある店舗の中から、「伊丹いながわ店」に行きました。

私は洋菓子の中でもワッフルとスコーンが
好きなのですが、ここはスコーンが美味しい!

といっても、コーヒーと「大黒柱」という、それは
それは濃厚なチョコレートケーキが有名な
お店なのですが。
コーヒーはたくさんの種類があって、メニューをみて
迷ってしまいます。

スコーンはほんのりあったかくて、ぱさぱさしてなくて、
しっとり。しかも甘すぎない。
生クリームもたっぷり横においてあります。
スコーン

しかも、お店の人も愛想がよくって、気持ちが良い。
お店も雰囲気がよい。吹抜けがどかーんとあって、
その2階に喫茶スペース。
どっしりとしたソファー席もありますし、テラス席もあります。
ただ、このソファーに座ると、テーブルとの高さの関係が
もう一つで、飲みにくい&食べにくいです。

スコーンってメニューに出しているお店が
少ないような気がします・・・。
だから、メニューにあって、それが美味しかったときの
嬉しさといったら!!

あー、HIROが京都にできてくれたなら、
間違いなく常連になるのに。
HIROの皆様、どうぞ一度ご検討ください。
できたら、右京、西京区で・・・。

といっても、京都も有名なコーヒー屋さんが
多いですよね。
家の近くには小川コーヒーがあって、
たまにモーニングを食べにいったりしますが、
ずいぶん前にコーヒーのおかわりが180円になってから
ちょっとがっかり。

スコーンの美味しいお店をもっとたくさん
発見したいです。

久々に古典を読んでみる

不動産
06 /04 2009
最近、ふと「枕草子」が気になって気になって、
気になりすぎて本屋さんで簡単な現代語訳を買いました。
なぜ気になったのか、自分でもよくわかりません。

そこには高校時代に習った懐かしい文章、
「春はあけぼの」「除目につかさえぬ人」などなど。

もちろん、原文では意味があんまりわかりませんから、
現代文を読むのですが、おもしろいんですね~これがまた。

清少納言という人は、鋭い観察力をもっていた
のだなあと感心させられます。

とても冷静な視線で、白黒はっきりつけたがる感じで、
文章も歯切れよくリズミカルで、ドライなイメージなのですが、
女房としておつかえしていた中宮定子がだんだん
落ちぶれても、ずっとおそばでおつかえしていた
人情味あふれる人だったようです。

思っていることはあっても、あんな風にリズムよく美しい文章で
表現することはとても難しい。
よい文章というのは、作者が書かずにいられない、という
感じが伝わってくるような気がします。
しかも、何度読んでも飽きない。
「枕草子」もそんな感じがします。

このブログを書く時も、なるべくリズミカルに、と思うのですが、
なかなか・・・。
今日はこの内容を!と思っているときはすらすら打てるのですが、
そうじゃないとき(ほとんどそう)は何書こう・・・と悩みながら打つので、
自分であとで読み返しても、なんだかもう一つです。

学生時代のお勉強とは違ってゆとりを持って読めますし、
みなさんも何か読んでみてはいかがでしょう?
新たな発見があるかもしれませんよ。


お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。