丹波自然運動公園に行ってきました

不動産
05 /29 2009
先日の水曜、久々に主人がゴルフでなかったので、

家族で丹波自然運動公園に行ってきました。

とーっても広い、緑豊かなすてきな公園です。

前の晩から、

「俺はサンドイッチを作るから、おにぎり作って!」と言われ、

休みだけど朝からご飯を炊いて、おにぎりをせっせと作りました。

主人は、前の日に買って、娘がパックのまま落として割れたたまごを使い、

たくさんのサンドイッチを作成。それを持ってレッツゴー!

緑の芝生にシートを広げ、のんびりお食事。こどもが遊ぶ遊具も

たくさんあるし、とにかく広いし、娘も大喜び。

丹波自然公園1

私も久々に土の上にごろんと寝ていい気分。ああ~幸せ~なんて

のんびりしてたら、上からポトッと黒い物体が。「ん?」と見たら

なんと毛虫!!娘の上に落ちなくてよかった。自然があるから毛虫もいる。

仕方ない。

久々に緑いっぱいの美味しい空気を味わうことができました。また行きたいです。
スポンサーサイト

あってはならないこと

不動産
05 /25 2009
日曜日のおやつどき、娘と二人でホットケーキを

食べようと思い、オーブントースターをまず3分余熱しました。

ぼけーっとして3分を待ち、「ちーん」の合図で

トースターを開けようとすると、なにも入っていないはずの

それからもくもくと煙が!!

「あれ~、なんで煙がでてるんやろ~??」

とのん気にパカッと扉をあけてみると、なんとそこには

私の財布が入っているではありませんか!!!

「うっそー!!」と叫びながら、それでも一部だけ

皮の部分がふにゃふにゃになる、という程度で済みました。

しかしその財布というのが、ブランドにはほとんど興味のない

私が唯一持っているといっても過言ではない、ヴィトンの

お財布。しかも義母が東京土産に正規店で買ってきてくれた思い出のもの。

あーあ、あーあ・・・・。煩悶すること約5分・・・。

犯人は2歳になる我が娘。前はキティちゃんのスプーンの

握る部分がどろどろにとけておりました・・・。完全なる不注意。

いや、しかしくよくよしてはだめだ、中身は無事だし、

そんなに目立たないし、大惨事にならなくて済んだのだと

思うようにしよう・・・と思い直したのでした。



眠れぬ夜は・・・

不動産
05 /22 2009
やっぱり京都でもでちゃいましたね、インフルエンザ。
でも、どうやって感染しちゃったんでしょうね??
大阪や兵庫には行ってないとあったし・・・。

本人も大変だろうし、親御さんもさぞかしご心配でしょう。
一日も早い回復を祈ります。

さて、話題は全く変わりますが、私は寝つきが悪いです。
疲れた~と思っておふとんに入っても、最低30分は眠れません。
寝付くまで1時間近くかかります。

そんな時、一度読んだ本を読みます。最近はまっているのが
松本清張と東海林さだおさんの本。
松本清張氏のは一度読んだものでないと、次が気になって
眠れませんが。
昭和20~30年代の日本が舞台のミステリー。
ストーリーもさることながら、その当時の日本の生活が
垣間見えて、そこが好きです。

東海林さだおさんのはエッセイです。「ふふっ」と笑えて、
読んでてほんとにほのぼのとした気分になれて、好きです。
社長も好きなので、社長の本棚から借りて読んでます。
ものすごく共感できるんですよねえ。
いけずなのに気が小さい。自分みたいです。

東海林さんっておじ様方に人気があるみたいですね。
私もおっさん・・・。

眠れぬ夜に、いかがでしょうか??

インフルエンザが広がってますね。

不動産
05 /21 2009
兵庫、滋賀、大阪、ついには関東にまで感染拡大しましたね。

ゴールデンウィーク中の水際対策も結局は水泡と化した・・・

5月にハワイで挙式予定だった友人も、泣く泣くあきらめて神戸に

変更したのに、今度は兵庫、大阪で感染者が発生。

でもいまさらキャンセルできないし、行って来るわ~としょんぼり

しておりました。

高校生に感染者が多いようですが、その子がどこをどう歩いたか、

などをやたら報道しておりましたが、いまさらそれをいっても、

もはや無意味では?と思わざるをえません。

病院で患者さんの対応をされている医療関係者の方には頭が

下がります。

初めの頃は、自分には関係あるまい、と思っていましたが、

こう広がってくるとさすがに自己防衛しなければ、と思います。

スーパーでうっかりくしゃみでもしようものなら、白い目で見られる

ような気がします。

娘もまだ小さいし、せっかく気候がよいのに出かけるのもためらわれます。


それぞれが過剰になりすぎず、自己防衛して感染拡大を防ぐ

しかないのかなあと思います。

レキジョが増殖中らしいですね。

不動産
05 /18 2009
レキジョ、歴史好きの女子。

ならば、私はずっと昔からレキジョだなあと

思い、レキジョをネットで調べてみたら、

ゲームから歴史にはまった人をいうみたいですね。

私はまた、篤姫人気でレキジョブームになったかと・・・。

それもあるのでしょうか???

やっぱり戦国時代が人気みたいで、グッズも多いようです。

(チラッとみたニュースによると。)

ちなみに私は、古代史、戦国~安土桃山時代、江戸時代後期から明治初期に

かけてが特に好きです。ミーハーな時代のような気がしますが。

タイムマシンがあるならば、間違いなく過去へ行きたい。

天皇家の祖とか、邪馬台国がどこだったか、卑弥呼はいたのか、

織田信長、お市の方、山本五十六、乃木大将を

見てみたいとか。自分の祖先も知りたい。

真剣に考えたらきりがない。興味津々です。

昔の決断力のある人の生の姿というものをみてみたいものです。


京都は歴史の宝庫、大学生時代、河原町を歩いていたら、

「坂本竜馬・中岡慎太郎遭難地」という石碑がたっていました。

「竜馬がゆく」を読んだあとだった私は、こんなところにこんなものが!!

と1人感動し、目立たぬようそっと手を合わせました。

また、もう5、6年前になろうかと思いますが、

現在の本能寺を通りかかった折は、たまたま織田信長展だかなんだか

が行われていて、一人だった私はフラッと立ち寄りました。

すると、受付のおっちゃんがとても親切で、色々と説明してくれた挙句、

「これが信長がかぶっていた兜のレプリカやで!かぶってみ!」と

言われ、やたらと重いそれをかぶりました。連れも無く、1人興奮する

おっちゃんの前でかぶとをかぶっている自分がひどく滑稽に思えたものです。


やっぱり京都はすてきな町です。

レキジョたるもの、子育てが落ち着いたら、史跡めぐりをしたいものです。

葵祭りですね

不動産
05 /15 2009
今日の京都は葵祭りです。

下鴨神社、上賀茂神社は多くの人でにぎわっている

ことでしょう。

今年の斎王代は裏千家の千宗室家元のご長女、

千万紀子さん。ほんとに良家の娘さんって感じですよね。

幼い頃から「斎王代になるか~?」なんてご両親や

周りの方から言われていたかも・・・。なんて雅・・・。

さぞかし美しい王朝行列が見られたことでしょう。

京都に長いこと住んでいる私は一度もみたことありませんが。

斎王代といえばその昔は天皇の皇女、未婚の内親王がなったもので、

昔、源氏物語を読んでいたときに(もちろん現代語訳)、

伊勢神宮に行っていた人がいたなあと思い出し、

源氏物語おもしろかったなあ、もう一度読みたいなあという

気持ちが沸き起こりました。内容もうろ覚えですが、

女性の名前が素敵だったのが印象的です。

朧月夜とか、夕顔とか、空蝉とか・・。

ところで、当時の伊勢と言えばいまよりずっといなかで、

本当に遠くへ行くという感じだったのでしょうね。

都から遠く離れた伊勢で、

内親王という、女性では高い地位にある若い女性が

過ごした毎日とはどんなだったか・・・。

葵祭りから源氏物語へ・・・。私もなかなか雅じゃないか!

などとうぬぼれつつ、今日はこのへんで。

京都へ戻って参りました

不動産
05 /14 2009
世間の皆様方より長く、ゴールデンウィークを満喫しておりました。

先日、鳥取の実家から京都へ戻って参りました。

5月9日に地元で結婚式があったので、それに出席してから帰って

きました。前にもブログに書きましたが、スピーチがあって、

きちんと原稿を下書きし、めいっこの前で練習したにもかかわらず

ものすごく緊張し、ものすごく声が震えました・・・・・・・。

自分のへたれぶりにがっかり。でもまあいいや。

帰った当初は体調が優れず、ほとんど寝込んでおりましたが、

折を見ては皆生温泉旅館の日帰り入浴、顔そりエステ、

整体、島根県松江市・皆美館の「鯛めし」、国立公園・大山で

ソフトクリームといろんなところに行って癒されてきました。

毎度お決まりのパターンなんですが、それでも楽しいものです。

父母は、たまに会える孫娘をいろんなところへ連れて行けるのが

嬉しいようで、おかげで私はのんびりさせてもらいました。

実家、父母というのは本当にありがたいものです。

まあ、たまにだから余計そう思うのでしょうね。

体調不良のせいもあってしみじみとありがたさを感じました。

お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。