FC2ブログ

建築現場とヒール靴

不動産
03 /31 2008
建築現場はとかく危険です。

仕事上、ペタンコ靴をはくわけにもいかず、
一応ヒールのある靴をはくのですが、
これで現場に行くとやっかい極まりない。

階段がついていないので、はしごで2階へ上がるときとか、
もうかなりのへっぴり腰。情けない・・・。

今日も社長とともに現場へ行き、はしごから降りる際は、
社長にはしごを支えてもらいました。

「そんなことではだめやで!」とお小言を言われながら、
「お父さん!絶対にはしご離さないでくださいよっ!!」
と、上から社長を怒鳴る始末・・・。

決してドンくさいほうではないと思うのに、
イメージでは、さくさくとはしごを降りる自分がいるのに、
だめです。

たびのような、大工さんがはいてはる靴がほしい。
と現場に行くたびに思っております。





スポンサーサイト

叱られてる・・・

不動産
03 /23 2008
すっかり春らしくなりました。

花粉も絶好調で飛び交っています。
アレルギー性鼻炎の私、春はほんとに苦手です。

最近、子育てにかまけて、ダラダラとした生活を
すごしておりましたが、たまたま社長の本棚において
あった、

08-03-23_001.jpg

『「朝30分」を続けなさい!』という本をぱらぱらっと
読んだら、これ、えらい叱られているような気分になりました。

仕事終わって家に帰って、
TV見て、ネットサーフィンして、自分がどれだけ成長しましたか?
と問われて、ほんま、冷や汗もん・・。

会社で仕事するのはだれでも当たり前、余暇をどうすごすか、
そこに人生の差が出てくる・・・、といわれているようで、
がつんときました。

といって、気負いすぎると続かないので、
毎日コツコツ、やりたいと思ってたことをやり始めたいと
思った次第です。

京都♪お気に入りのカフェ&喫茶店その①

不動産
03 /17 2008
主人と私は結構コーヒーが好きです。
休みの日になるとカフェや喫茶店を目指し、よく出かけます。

その中のお気に入りの一つが比叡平にある「芽亜里」さんです。
「バリのリゾート地をイメージ」して作られているそうです。

meari2.jpg meari1.jpg


先日のお休みもいってきました。
ここは、私たちの中ではコーヒーを飲む、というより、雰囲気を楽しむ店です。
1階はアクセサリーやキッチン雑貨、2,3階はアジアンテイストあふれる家具がたくさん
おいてあります。

広々とした店内で、押さえ気味の照明がゆったりとした気分にさせてくれます。

インテリアの本も置いてあるので、それを見ながらのんびりするのが
楽しみです。家では弾みにくい会話もなぜここでははずむのか・・・?

悲しいのは、遠いのでなかなか気軽にいけないこと。

駐車場もあるので、気になった方、是非足を運んでみてくださいね。

そういえば・・・。
赤ちゃんのオムツがえコーナーは残念ながらございません。念のため。

めでたい!結婚式!

不動産
03 /10 2008
3月8日、わが社の営業マン堀さんが、
めでたく結婚式をあげました。

我々東住販家族4人、全員御招待いただき、
喜び勇んで京都ブライトンホテルに行って参りました。
(娘は義理姉にあずかってもらいました)

結婚式っていうのはほんとにいいもんです。
とくに、スピーチや余興もなければなおさらです。

堀さん、奥さんとも友達がたくさんの、ほのぼのと、
楽しい、感動的な披露宴でした。

特に最後、堀さんがご両親に向って御礼のご挨拶を
されたのですが、男泣きに泣く堀さんを見て
わが家族4名も全員号泣・・・。
ご家族を大事にされている熱い気持ちがひしひしと伝わってきました。

奥さんもまるでお人形さんのようにかわいく、美しい人で、
見ていてほれぼれするぐらいの方でした。

「いや~いい披露宴だったな~」と帰りの車で
4人、幸せな気分にひたっており、我々は我家の前で下車。

父母はそのまま桂坂の家に向ったのですがなんと!
京大の前でスピード違反の取締り!
ほろ酔い気分の父を助手席に残し、
母1人、違反15,000円を支払うことになったのです・・・。

そんなに飛ばしてなかったのに・・・。と悲嘆にくれておりました。


披露宴での一枚。東ファミリーと堀さん夫婦。
kekkonsiki.jpg

レッツゴー上海!

不動産
03 /06 2008
3月3日~5日、京住販の30周年記念旅行に、参加してきました。行き先は上海。
いうても、主人1人参加、私と娘はお留守番・・・。

shanhai1.jpg

shanhai2.jpg

電車大好きの主人、
楽しみにしていたリニアモーターカーは期待通りのハイスピード。
429km/hと表示された電光掲示板の写真をみせられ、
「すごいやろ!」と無邪気に喜んでいました。

もうひとつ、思い出に残る出来事が。

交通では無法地帯の上海。
「行ったもん勝ち」の危険な状況だったらしいのですが、
乗っていた観光バスが、原付とぶつかりそうになり、
あわやの急停車!

激昂したバスの運転手さん、道の真ん中にもかかわらず、
バスを降り、原付さんと怒鳴りあい。

どうなることかと固唾を飲み込む日本人不動産業観光者一同。

すると、バスの運転手さん、
「バチーン!」
と原付さんの頭を平手打ち!

なんと、恐るべし・・・。

上海というよりも、「人間」というものが
心に深く刻まれた旅行だったようです。




お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。