FC2ブログ

くじけそうになったら~♪

バレーボール
05 /25 2015
みなさま、こんにちは。

今朝は小学校の旗当番。登校する児童の安全を守るため、黄色い旗をもって挨拶しておりました。
うちの学区はボランティアで地域の方々も登下校を見守って下さるのでありがたいです。

さてさて。
私が参加する幼稚園バレー。6月に本番の大会です。
練習もあともう7回ほど。わたしもこれで引退でございます。
本年度もベンチをあたためることになったブログ担当でございます。

正直、いろいろ思うこともありますがここは実力の世界です。
仲間に弱音を吐いたりもしてきましたが、結局わたしには力が足らなかったということです。
マー実際、へたっぴです。

少々へこんでいる私。いじけてもいる。
もんもんとしていても仕方ない。じっとしているからもんもんと考える。
へこんでいるときは体を動かすに限る、というのが私の考え方です。
といっても仕事中は仕事。

しょんぼりしたとき。
松岡修造氏にカツをいれてもらいましょう。

数ある名言の中でこんな言葉を発見。

諦めんなよ
諦めんなよ、お前!!
どうしてそこでやめるんだ、そこで!!
もう少し頑張ってみろよ!
ダメダメダメ、諦めたら
周りのこと思えよ、応援してる人たちのこと思ってみろって。
あともうちょっとのところなんだから。
俺だってこのマイナス10度のところ、しじみが取れるって頑張ってんだよ!
ずっとやってみろ!必ず目標を達成できる!

あ~、胸に響く。ありがとう、松岡さん。
なぜ修造氏がしじみをとっているかは不明ですが…
しじみとってたっていいじゃないか!あきらめたら終わりなんだよ!
みんなの前でこっぴどく叱られたって、そこでいじけてあきらめたら終わりですもんね。
叱られるうちがハナ…でございます。

ママさんバレーをもしかしてバカにしている主人。
「え、レギュラーに入れへんからって本気でみんな悔しがるの??」

・・・・悪いか。悔しがって悪いですか。


スポンサーサイト

すごかったーーー

バレーボール
01 /14 2014
1月ももう半分が過ぎ去ろうとしています。
はやい~!と感じるのは私だけでしょうか?

本日はバレーネタです。
なぜなら、1月12日に春高バレー決勝がありましたので!
女子しか見ておりませんが。

いや~、すばらしかった。優勝したのは九州文化学園。相手は東九州龍谷。どちらも超名門校ですね。

フルセット、最終25対23までいきました。
どちらが勝ってもおかしくなかった。
九州文化学園に田中瑞希さんという素晴らしい選手がいて、最後の最後までエースとして得点を重ねました。
切羽詰まったあの状況であのプレー。自分がミスをしたら相手が優勝してしまう。そんな極限の状況でもスパイクを決める。そして1点決めるたびに、たとえ厳しい状況でも笑顔をチームにふりまく。
エースを信じて上げ続けるセッター。レシーバー。
すごかったです。バレーっていいなあと思えました。

相手だって、田中選手でくるとわかっていてブロックにも飛ぶし、レシーブもそういう体系になっているのに、それでも決めてしまう。


私は田中瑞希さんのファンになってしまいました。JTでプレーすることが決まっているそうで。楽しみです。
身長が170センチとバレー界の中では小さめですが、ぜひぜひ全日本でプレーしてほしいです。

東九州龍谷も、ほんとにどっちが勝ってもおかしくなかった。ナイスプレーの連続でした。
やっぱり最後は気持ちなんでしょうか??

で、主人が帰宅するなり、
「すごかったよー、春高バレー!!」
と報告。上記の件をくだくだと話すとだんなは
「そりゃそうだ、最後はエースだ。エースが打ってだめだってもチームは納得がいく。最後はそこしか頼るとこがないから。最後はエースだ」
と一言。

ああ、若いってすばらしいなあ、スポーツっていいなあ、やり抜くってすばらしいです。


青春してます

バレーボール
06 /14 2013
一気に夏がやってきた!!という感じの毎日ですね。一雨ほしいところです。梅雨なのにこれだけふらないと、昔の人が雨乞いをした気持ちもわかるってもんです…。

このブログも久々の更新。
娘二人が順番に熱を出して、昨日は会社をお休みしておりました。
下の娘が熱をだし、しばらくして上の娘が高熱。
ぐったりしてるし、かわいそうだなあと思います。ほとんど何も食べず、ひたすら水分を摂り、眠る…動物のようだなあと思っておりました。

このブログ、幼稚園バレー部ママさんの一人が発見してくれて、見てくれました。
基本、家族のおっちょこちょいなことなど書いているのであんまり人にいうてなかったのですが、「東住販」で検索されては仕方あるまい。

で、今回はバレーネタ。
今度の月曜は私立幼稚園連盟のママさんバレーボール大会。1年に一度の大きな大会!府立体育館で行われます。今年こそレギュラーになりたい!と思って頑張ってきましたが、最終練習では一度も選抜チームに入ることなく終わってしまいました。。。会社にわがままいうて、週に1~2回、練習に行かせてもらってたのに、悔しくてしょうがないです。あとちょっとだったのか、全然まだだめだったのか…ま、めちゃ怖い監督なんで、お前なんて使えるかー!と言われるにきまってます。

若いころの私なら、ふてくされてもうやーめた、なんてやめてしまいかねませんが、そこは大人になった分、仲良しママさんにも励ましてもらって、ぐっとこらえて今回はこの悔しさと向き合ってみようと決めました。たかがママさんバレー、されどママさんバレーです。どんだけ真剣やねん!とママさん仲間に笑われたこともありましたが、いいんです。こどもが幼稚園に行っている間はバレーバカになろうと決めました。
ちょうどもう一人、同じぐらいのおばかさんがいるのでこれまた楽しい。

今年も厳しい戦いになりそうですが、なんとか優勝してほしい!お友達も見に行くわ~というてくれてはります。私は出ないけどねっと心で泣いて、笑顔で御礼。
去年は地区大会で優勝、府下大会では準優勝でした!ベンチから自分なりにできることを精いっぱいやります!

東洋の魔女

バレーボール
12 /03 2012
今朝は寒いけれど良い天気でしたね。
朝、起きる時はまだ陽がのぼってきていませんので、くらーいのですが、だんだん明るくなる空を見るとわけもなく「よーし、今日もがんばるかー」と思えます。晴れっていいですよね。

つい最近、東京オリンピックのバレーボール女子決勝、日本対ソ連の試合のVTRが見つかり、1月にNHKで放送されるという記事をネットで見ました。

少し前にミュンヘンオリンピックの女子決勝も、当時のキャプテン2人が解説を加えながら振り返る…という番組を放送していましたが。

で、自他ともに認めるバレーバカの私、さっそくアマゾンで当時の監督、大松博文氏の著書を2冊を古本で購入、読みました。「鬼の大松」、「おれについてこい!」のセリフで有名な方ですね。

まあ、普段はだいたい寝る前にちらちらっと読むんですが、この本、寝転んで読んだらばちが当たるんじゃないか…と、だんだんこちらの態度を反省せずにはおられないような気分になってきました。
どちらかといえば、きちんと正座し、頭をたれながら読まなければならないのでは…と一人焦りながら読みました。

もともとはそんなに厳しい方ではなく、どちらかといえば「はいはい」と人の言うことを素直に聞く大松監督だったようですが、インパール作戦という太平洋戦争の中でも、日本軍が最も過酷な状況に置かれた戦地へ赴かれたようで、その時の体験が、その後の生き方を大きく変えたようです。敵軍に捕えられ、虐待を受けたとも本の中にはたった一文ですが書いてありました。
ごく少ない生還者のお一人だったようです。

けがなどものともせず、病気は練習で治せ!ですからね。もちろん医師に相談したうえでのことだったようですが。
指を骨折しようが、ぐるぐるに包帯を巻いてすぐ練習、盲腸で手術しようが、5日後にはハイ、練習、です。

相当の反対も社内(日紡という会社のチームでした)では起こったようですが、それにもめげずわが道を進み、そして選手もひたすら監督を信じてついていき、結果がでてくると、今度は応援にかわっていった…


スポーツ科学もずいぶんと発達した現在に、こんな練習することはもう不可能なのでしょう。

国、会社、国民から「金メダルは確実」と期待され、金メダルを取らないなんてありえないという空気、スポーツの強さが即、国威高揚の時代です。現代からは到底想像できないプレッシャーだったと思われます。

知れば知るほど、見たくなるんですね、その決勝戦が。
今のバレーに比べればそれは技術的に劣るでしょう。でも、すごいものを背負って戦い、結果を出したその戦い、ぜひともみたい!!

というわけで、ロンドンオリンピックで買い逃したブルーレイ、ぜひ購入いたしたく、よろしくお願いいたします。(主人へのお願い)


バレーボール
08 /09 2012
いや~、やりましたねえ、日本女子バレーボール4強へ!!

手に汗握る、とはまさにあの試合のこと。フルセットのすえ、なんとか勝利!!いたしました。

アテネや北京の時の中国に比べるとやはり力が落ちたのかな??と感じさせる場面がありましたが、それでも中国に勝った、しかもオリンピックで、というのはよかった、ほんとうにすごい試合でした。

最後のセットは、いつもは興味のないわがだんなさんもついに日本を応援していました。ま、私が一人リビングでギャーギャー騒いでいましたから、巻き込まれたというだけかもしれませんが…。

最後の5セット目終盤なんてじっと座ってみておられず、立ち上がったりスクワットしてみたり、落ち着きませんでした。ハラハラドキドキ、楽しませていただきました。負けてたら気持ちよく眠れてなかったでしょう。

でも、この試合も選手たちにしたら通過点の一つなんでしょうが…。

あと残りわずか、悔いのないプレーをしてほしいものです!!

お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。