FC2ブログ

再放送を見て思う

リフォーム
09 /25 2017
土曜日、ビフォーアフターの再放送を親子3人でみておりました。

建坪30坪はあるおうちです。
湿気のために、土台はぼろぼろ、基礎にはなんと鉄筋がはいっておらず、伸長によるひび割れが発生。
なんで鉄筋が入ってないんだろ…。
築60年。だからか?
リフォーム予算2500万円!!

でも。毎回見てて思うのは、土台がぼろぼろでも、床においたビー玉がビューッと転がるおうちでも、よほどの地震がない限りはくずれないものなんだなあと。
体が家になれていくんでしょうね。
でも、地震が頻発する日本で、そういう家に住むというのはやはりかなりリスクがありますよね…

いわゆる「匠」のアイディアにより、ちゃくちゃくときれいになっていくおうち。
土台から上をジャッキアップして基礎から切り離し、基礎を打ち直し、フロア高さをあげていました。
1回の作業であげられる高さが何センチだったか忘れましたが、トータル1m?だったかあげるために
ジャッキアップを15回繰り返す!1000mm÷15回=6.6センチ/1回ぐらいでしょうか?

番組早々からまさに、なんということでしょう、です。
地道な作業です。

うーむ、予算さえあればなんでもできるんだな、職人さんってすごい。とつくづく思いました。


これ、敷地にゆとりがなかったらできないよなあ…広い敷地あればこそ。

外壁に焼き杉をつかったり、建具を再利用して食器棚を作ったり、洗面台の下に収納式の踏み台をつくったり。


贅沢でございます。



勉強になりました。




スポンサーサイト

リフォーム完了!ビフォーアフター♪

リフォーム
09 /14 2017
明日お引渡しとなりました、西京区の一戸建て。

一部リフォームをしましたので、そちらをご紹介いたします!!

頭の中であのリフォームのTV番組の音楽を再生していただけると、より盛り上がるかと(なにがや)

こちらが今回のリフォームする場所です。

お風呂と洗面室を広げ、それに伴いトイレを移動。
給湯器を新調。
キッチンに床下点検口を作る。
キッチンコンロの入替。
仏壇置き場を収納に変更。

図面の黄色い部分が増築部分です。
増築図面


そして外構。
植栽を伐採、既存の門柱や門扉などを撤去し、すっきりとした駐車スペースに変更します。

配置図

この図面の実際の現場が下の写真です。

ビフォー。
外観
アフター。
4_外正面横
車4台は停められるスペースとなりました!

続きまして。
ビフォー。
DSC_0803.jpg
アフター。
10_増築部分給湯器
トイレ増築部分を外から見たところです。
ビフォーは西方向を、アフターは東方向を見て写しております。
土間コンをうちなおし、給湯器も新しくなりました。増築しても、もともとゆとりのあるスペースでしたので、物干しスペースも十分確保できています。

洗面室です。ビフォー。
20170722_170535.jpg

アフター。
11_洗面室ドア
ドアのなかった洗面コーナーにドアを設置して「洗面室」に。(ビフォー写真の少し写っている白い床の部分が洗面コーナー)

13_洗面室とトイレドア
洗面室に入りました。
床のクッションフロアとクロスはお客様が選ばれました!
写っている扉の奥がトイレです。

洗面台ビフォー。
20170722_170601.jpg

アフター。
15_洗面台
洗面化粧台も新調です。

浴室ビフォー。
20170722_170620.jpg

アフター。
18_浴室2
浴室、こんなに広くなりました!写っていませんが、窓もちゃんと残してありますよ!

トイレビフォー。
20170722_170555.jpg
アフター。
14_トイレ

トイレは既存のタイルをやめ、クロスとクッションフロアーに。

キッチンビフォー。
10_キッチン流しから見る 
アフター。
35_キッチン点検口
コンロ部分。
20_コンロ
キッチンはコンロだけ新調。あと、JIOの瑕疵保険に対応するため、床下点検口を新設しました。
(キッチンの2番目の写真の流しの下に四角い枠がみえるのがそれです)

和室は畳表替えと障子貼り替え、そして…
23_東側和室
リフォーム後の二間続きの和室の東側。正面の観音開きの襖戸はもともと仏壇を置く場所でしたが・・・。

ビフォー。
20170722_170652.jpg
アフター。
24_元仏壇
収納に変更。うっかりうつっていませんが、上に洋服をかけるバーがついております。

最後。2階の洋室11.6帖はもともとカーペットでしたが、フローリングに変更しました!
クローゼットは以前のものをそのまま使っていますよ。
29_2階洋室東方向よこ
27_2階洋室西方向よこ

既存の使えるところは使い、予算と相談しながら、ご希望のリフォームができたのではと思います!
全部新しくできたらそりゃいいけれど、予算もあるし…
→この工事のように、使える部分は洗いだけして残し、気になる部分だけ交換も対応できます!

この部分の工事については知り合いが仕事をしているからそこに頼みたいけど、そこの部分だけ別に頼むっていいの?
→ご相談ください!このおうちのお客様も、カーポートの設置はご自身で直接業者さんへ注文をされていますよ。

柱を抜いたり、壁を抜いたりしたら耐震が心配…
→そこは経験豊富な工務店と弊社が確認しながら、対応します!もちろん、広さ確保のために抜いてはいけない柱を抜くなんてことは致しませんのでご安心くださいね。 (当たり前ですが!)

で、実際どれぐらいの費用がかかったの?と気になった方、お気軽にご連絡ください!
しつこい勧誘など一切いたしませんので、そちらもご安心くださいね。

床がぬけちゃうわ

リフォーム
04 /04 2017
あたたかい・・・春、春ですね~。
青い空、暖かい、ただそれだけで気分が良いです。

午後6時から週1回、親子三人で通っている習字も、いつもすっかり暗くなってから通っていたのに、いまは6時前でも明るい・・・それだけでもなぜか嬉しい。

春休みに入ってすぐ、1週間ほど帰省してまいりました。
子どもたちが祖父母に、いとこに会えるのをそれはそれは楽しみにしておりました。
高速バスで片道4時間、小1と小3の娘たち、大きく騒ぐことなく、ほぼ爆睡でした。やれやれ。

で。築35年は経つ実家。
あちこちがいたんでおります。

浴室の上がったところの床、リビングの床、ぐっと沈みます。
いつぬけるか、ハラハラドキドキ。
ベタ基礎でなく、布基礎、断熱材も壁には入っていませんし、もちろんペアガラスでもない。
キッチンの奥行、今は650mmが主流ですが、我が実家は550mm。
母にとっては長年使い慣れているとはいえ、私がたまに帰ってつかうと、少々使いづらい。

床だけでも直したい、という母ですが、床を直すならどうせしばらくその間は住めないのだから、クロスも、水廻りもリフォームしてはどうか、と提案。
建築雑誌にはクロスよりもペンキ仕上げや左官仕上げが多いし、ペンキ仕上げにしたらどうなるのか、も試してみたい、けれど予算があがる…

東南角地と、陽当りはよい立地ですが、昔の設計ゆえ、応接間なるものがあり、そこが我が家の一番良い所に位置しております。一番長くすごく居間や食卓が、陽当りの悪い、暗い所に位置している…。洗面室も明るい雰囲気にしたい。
できれば応接間をダイニング、リビングに使いたいと大人になってから思っておりました。

となると、間取りもすこし変更になる・・・・

年老いてきた両親がリフォーム期間、辛抱できるのか。
ほかにもいろいろ問題は山積みです。費用もかかるし…

でも。
とりあえず、リフォームプランを考えて、見積もりをとってみるしかない。
そうでもしなければ絶対に話は進まない。

というわけで、大昔の確認申請書の図面とにらめっこして、考えてみよう。

こう宣言でもしない限り、そもそも私が動くまい。

年齢からいって、そうたくさんの時間が残されていないであろう両親が、きれいになった家で過ごせたら、最近特に体調の悪い母の気分も晴れ晴れ、心も健康になれるのでは…。リフォーム期間を頑張って耐え抜ければ・・・・

ゴールデンウィークまでにプランを一つでも考えよう!←自分への誓い

お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。