FC2ブログ

子育て
08 /28 2018
やっとこどもたちの夏休みが終わりました!!わーいわーい!!
義母さん、社長にすっかり甘えて、こどもたちの面倒を見てもらいました。感謝しかない。

一人で出勤する気楽さと行ったらなかった。
子供2人をひきつれて、自転車で出勤するのは、ちゃんとついてきてるか、とか、なんぼ小学生とはいえ気になっておりましたので・・・。



話しはかわりまして。

さくらももこさんの訃報。京都新聞の1面にも掲載されていました。

小学生のころ、ちびまるこちゃん、読んでたよなあ…

マンガ読みながら噴き出したことなどあり。

大人になってからは、とにかくエッセイがおもしろくて、何度か読みました。

エッセイの方がおもしろいぐらいでした、わたしにとっては。

もう、10数年以上前に読んだのに、おもしろかったと覚えているというのは、

忘れっぽい私にしてはすごいことだと思う。

小学6年生のころ、学研かなんかの教材にももこさんのインタビューが載っていたような気がする。

あのとき、はじめて顔写真をみました。


テレビアニメはみておりませんでしたが、小学生のころに流行った漫画で、

エッセイも本当に面白かったし、残念です…今でもテレビ放送されているぐらいですもんね…


長谷川町子さんの訃報は、サザエさんの放送が終わるときに、テロップで出たのを見たような覚えがあります。


ただただ、ご冥福をお祈りします。


スポンサーサイト

大変だな

子育て
07 /27 2018
夏休みが始まり、4日目。
子供会・地域委員担当の私、ラジオ体操のハンコ係でございます。

たった4日間のラジオ体操でしたが、今朝、終わりました。

朝涼しいうちに体操するはずなんでしょうが、この3日間は朝から尋常ではない暑さ。

しかも、我が地域はラジオ体操はうるさいとご近所の方から苦情が出たとかで、100mほどの距離を3周する、というランニング雅ラジオ体操の代わりです。

熱中症になるんではないかと、1年生の子など心配で、ゆっくり走りなさいよーと声掛けしておりました。

たった4日間でも、正直、面倒だなーと思っておりました。

私が小学生のころ、毎日誰かがラジオをもってきてくれて、毎日大人の誰かが来てくれてハンコを押してくれていたんだ・・・
しかも夏休みの間全部…と思うと、ただただ恐れ入るしかございません。

4日間でブーたれている場合ではないですね。

見切る早いなー

たわごと
06 /25 2018
ワイドショーではワールドカップサッカーが大盛り上がりですね。

日本の初戦だった19日。
その前日に大阪北部で大きな地震があり、
京都のなかでは大阪に近い我が家も、大きく揺れました。

最初は、大したことないだろう、と思っていましたが、
意外と長く、しかも大きく揺れたので、
学校にいく寸前だった次女、
「キャー!!!」と悲鳴を上げて、さっとテーブルの下にもぐりました。

それ見て、私も後に続きました。
小学校の訓練ってすごい。
下にもぐる、という発想がなかった。

テーブルにもぐりながら、半べそだった次女。
大丈夫やで、と背中をポンポンしてやることしかできませんでした。


ウッドデッキにいた主人は、なぜか半笑いで、
「ゆれる!!」とかなんとかいいながら、部屋に戻ってきました。
恐ろしかった…

友人の主人は、阪急の高槻で電車内に閉じ込められ、
結局、高槻から桂川駅まで歩いて帰ったそうです。

小学生の女の子がなくなられたことが大きく報じられ、本当に胸が痛みます。

もう余震がこないように祈るばかりです。


話しはかわりまして。

サッカー日本代表第2戦。

12時からということで、早々から見ないと決めていた私。

主人は、「見る」といっておりましたが、1時になる前に2階にある寝室に上がってきました。

「もう1点いれられた、もう見ない」


で。結果。2-2の同点。

「見とけばよかった・・・」

私も、昨日はなかなか寝付けず、見とけばよかった…

普段は全然サッカーをみないのに、ワールドカップになると

なんとなく、

「一応みとこか・・・」と。

私、本田選手が好きです。

そして。じゅんいちダビッドソンさんも好きです。

本田選手の活躍で、

じゅんいちダビッドソンさんも活躍の機会が増えてはるはず。

健康について

健康
06 /14 2018
自分の健康に不安があると、新聞広告の健康情報本なんか、食い入るように見つめてしまいます。

また、中年になり、食べる量を気にかけているつもりが、
体重は減るどころか、すぐに増加するという、
今までになかった自分の体の変化にしょんぼりとすることもあります。

体重を落としたかったら食べなければいいだけの話なんですが。

ライザップの本とか、藤田紘一郎さんとか、クロワッサンの健康特集とか、いろいろ読んでみて、試してみてはすぐに飽き、長続きしない。

体調が良くて、体重も増えずに、ごきげんでいるにはどうしたらよいのか?

首や肩がだるくて突っ張られるような感じからの頭痛、もしくは体が冷えていてさぶくてたまらん、と感じることが多い私は常に情報を求めてさまよってきました。

たとえば、朝ごはんを食べないと頭が働かない、かたや別の本では、朝ごはんはたべなくてもよい、人間の歴史の中で、人間はつねに空腹・飢餓の状態であったのに、ここ50年ぐらいで食べ物が容易に手に入るようになった、常時満腹状態であること自体が人間の体としては不自然だ、(←これだけが朝ごはんを食べなくてもよい理由ではなかったんですが)とか、書いてあるわけです。

ある程度冊数が重なってくると、いったい何が正しいのだ??
なして、人によってこんな言うことが違うの??となるわけです。

で、はたと気づいた。気づくの遅い。
自分の体はどういうときが調子いいのだ??

あれこれ情報はあるけれど、自分がしんどかったら意味がない。
朝ごはんを食べた方がいいに決まっていると思っていたけれど、
主人は食べる方がしんどいようだし。

で。
私は、軽い空腹感を保つことと、しっかり睡眠をとること。
これが一番大事だなとようやく気づきました。
しっかり眠れて、腹7,8分ぐらいがちょうどいい。

本当は軽い運動もした方がいいはず。
今は2週間に1回、2時間のママさんバレーのみ。
最後の方は足がつる、という悲劇に見舞われるようになりました。

肉食が続くとおなかが重い感じがするし、
白米に玄米と麦を混ぜて炊いていますが、
いまのとこ、これといった体の変化はないなとか。

老いていく自分の体をもっとよく見ていこう。
そうすれば、健康情報に惑わされることもあるまい。

と昨日本を読みながら思ったのでした。

ずっしりきた・・・

読書
05 /25 2018
仕事帰りに、予約していた本を取りにいきました。

いつか読もう、いつか読もうと思っていた佐野洋子さんの

「シズコさん」をついに借りて読んでみましたー。

いやー、ずしりと腑にきましたねえ。もう1回読みたい。しんどいですけど。

思うことがありすぎまして、ここでの感想はかけません…

ふつーに見える母と娘でも、本当はみんな何か思うところがあるんでないのかしら?

ただただ感謝して、悪意や憎しみ、イライラ、といった

負の感情を持ったことがないなどとお互いが思っている母娘も

もしかしたらあるのかもしれませんが、ものすごくマレではなかろーか。

そんなこという人がいたら、気づかぬふりをしてるんではないだろうか。

自分の気持ちにフタしてるんじゃないでしょうかね。

家族だからこそ、ドロドロとして余計にするどくとがるものがある、

なんて、けっこうすさんだ心の持ち主の私はそう思います。



と、その本のすぐそばにも、

「洋子さんの言葉 わけがわからん」を発見。

NHKで、佐野洋子さんのエッセイをイラストつきで紹介する5分ほどの番組を書籍化したものです。

詩集のようでとてもよかった。

イラストは、ほどよく気がぬけていているような、でも人物はそっくりで、きらいじゃありません。

エッセイによくあってると思います(←なんかウエから発言のようですみません・・・)


NHKでの放送を何回か見ましたが、なぜかこどもがくいつく。

イラストだからでしょうかねー??語りもゆっくりでききやすい。

佐野洋子さんのエッセイはほぼ読んでいるので、だいたい知っている話でしたが、

乳がんが転移して、余命あと2年、と言われた佐野さん。

10数年苦しめられた鬱がなおり、生きることが充実してきたと語る。

「死ぬとわかるのは、自由の獲得と同じだと思う」


こういう言葉に出会えるから、佐野さんのエッセイは本当に好きです。

でも、自分のおかあさんだったら、わたしだったらしんどかったかもな…

「死ぬ気まんまん」もとても好きなエッセイ集です。



そして。

3年生の次女が、

「よーこさんのことば、よみたーい」

たぶん、絵がみたいのでしょう。

中身はちょっと、むずかしいかな。

お留守番隊長

○当社は社長+スタッフ3名の計4人で営業しております。
○このブログは、読書好き(料理、建築、インテリア、伝記に関する本が好き),スポーツ観戦好きの女性スタッフが担当しております。
○せっかちであわてんぼう、それゆえ一緒に働いているだんなにいつも叱られてます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。